ソーシャルレンディングRANKING 2016

  1. No.1みんなのクレジット

    とにかく圧倒的なキャッシュバック金額がスゴイ!確実に口座開設だけでも速やかに完了させておくべきソーシャルレンディング会社No.1

    期待利回りの高さ
    会社の信頼度
    サービスの使い勝手
    参考運用利回り (年利・税前・手数料前) ~14.5%
    出資者手数料 なし
    最低出資額 10万円
    運用期間 2か月~最長36か月

    そもそも、ソーシャルレンディングという投資が事業者や投資家、関わるステークホルダー全てがWIN-WIN の関係をきっちり構築できるということが証明されつつある。ゆえに、大ブームが起こっている訳だが、やはり雨後のタケノコのごとく、ソーシャルレ…

  2. No.2クラウドクレジット

    グローバルな資金需要を取られる、投資家にとっては手堅く高利回りな案件が多く揃う、 ダイナミックなソーシャルレンディングサービス

    期待利回りの高さ
    会社の信頼度
    サービスの使い勝手
    参考運用利回り (年利・税前・手数料前) 5% ~ 14.8%
    出資者手数料 なし
    最低出資額 10万円
    運用期間 2か月~約4年

    『クラウドクレジット』は、これまで日本では提供されてこなかった、画期的なレンディングサービスだ。と言うのも、欧州やラテンアメリカをはじめとする海外の消費者ローンや事業者ローン、延滞しているローンに投資を行うという新たな投資機会を、日本の個人投資家に提供しているとい…

  3. No.4SBIソーシャルレンディング

    日本のソーシャルレンディングサービス成長の牽引役として、巨大組織が本気を出してきた

    期待利回りの高さ
    会社の信頼度
    サービスの使い勝手
    参考運用利回り (年利・税前・手数料前) 3.5%(証券担保ローン) 5.2%-6.5%(不動産担保ローン)
    出資者手数料 年1.5%(証券担保ローン) 年2.2%(不動産担保ローン)
    最低出資額 1万円
    運用期間 4ヶ月~2年

    証券・銀行・保険を傘下に有するSBIホールディングスの子会社。ソーシャルレンディングにトライするうえで、最も重要視しなければいけないのは、会社の与信である。そんな意味では、SBIソーシャルレンディングは巨大なバックボーンを有していることから、一定の信頼感を…

  4. No.5AQUSH(アクシュ)

    多彩なファンドが用意されていて、投資の醍醐味を味わうことができるソーシャルレンディングサービス

    期待利回りの高さ
    会社の信頼度
    サービスの使い勝手
    参考運用利回り (年利・税前・手数料前 4.0-15.0%
    出資者手数料 なし
    最低出資額 千円(各ファンド) 口座開設時最低5万円の入金
    運用期間 3ヶ月~3年

    2009年にサービスを開始。一般的な事業用資金ローンファンドだけでなく、個人向けローンファンド、自然エネルギー発電事業融資ファンドなど、多様なファンドがあるのが特徴だ。サービス開始以来、平均投資利回り約5.50%を達成している。…

  5. No.6maneo

    詳細な情報を精査したうえで投資判断ができる、日本最大規模のソーシャルレンディングサービス

    期待利回りの高さ
    会社の信頼度
    サービスの使い勝手
    参考運用利回り (年利・税前・手数料前) 5.0-8.0%
    出資者手数料 なし
    最低出資額 1万円
    運用期間 2ヶ月~3年

    日本最大規模の投資貸付型クラウドファンディングサービス。対象となるのは、事業性資金。事業性資金への匿名組合経由の貸付形態をとる。ソーシャルレンディングサービスとしての、Maneo の際立った特徴は、「自分で借り手を直接選ぶことができる」ことだろう。これ…