44cc2db65293dbc9da0e71d5c9ce886e_s

自分に合ったソーシャルレンディング企業の比較方法

昨今、投資家から今まであった投資と異なった投資方法として
注目を集めているのがソーシャルレンディングです。

案件によっては1万円と少額で投資を行うことができ、
他の投資と比較しても短期間での投資が可能であり、
平均して5から6パーセントと高い利回りが期待できることから、
投資に慣れた方にも初めて投資を行おうとしている方からも人気がある投資方法です。

ソーシャルレンディングは現在多くの事業者が参入しており、
どのソーシャルレンディングサービスを利用しようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ではどのように決定していけばよいのでしょう。

自分に合ったソーシャルレンディングサービスを!

ソーシャルレンディングとはサービスを展開している事業者が、
レンダーと呼ばれている投資を行いたい企業や個人と、
ボロワーと呼ばれている投資をしてほしい企業や個人をネット上で
マッチングする投資方法で、先ほども書いたように少額、短期間での投資も行えるものです。

他の投資方法と違い1万円単位から投資を始めることができるため、
初心者でも気軽に投資を始めることができます。
しかし、元々投資を行っていた方以外にもこの投資方法は普及し始めたことにより、
ソーシャルレンディングサービスを展開する事業者も増えてきたため、
今から投資を始めようとしたら、どこが良いのか分からないと
いう悩みを持つ方も多くいるのではないでしょう。

では、どのようにして利用するソーシャルレンディングのサービスを決めていけばよいのでしょうか。
まず、サービスごとに比べてみるという方法があります。
それぞれの事業者が展開しているサイトを訪れてみるのももちろん悪くはありませんが、
一つ一つ見ていても分かりにくいし、時間も浪費してしまいます。
そこで各サービスの大まかな特徴を比較しているサイトを利用するのがいいでしょう。

パソコンなどで検索してみれば、多くの比較サイトが出てきますので、
その中でサービスの内容や手数料、最低投資額や平均利回り、
運用期間など投資に関することから、サービスの使い勝手などの利用のしやすさなども比較されているので、
その中から自分が使いやすく投資も合っているというものを選択していくといいでしょう。

どこを比べればいい?

では自分に合ったソーシャルレンディングサービスとはどういったところで判断すればよいのでしょうか。
まず、登録する前に確認しておかなければならないのが、手数料が発生するかどうか、
そのサービスで投資を利用するには資金がどれくらい必要なのかを比べていきましょう。

各事業者とも基本的に口座開設などの際に手数料は必要ありませんが、
投資用の口座への入金には手数料が必要となる場合などがあるので確認しておく方がいいでしょう。

また、投資を行う際の最低出資額は各事業者によって異なるので、
用意できる資金に合ったサービスを選択するようにしましょう。
次にそのサービスで投資を行った場合、どれくらいの利回りがあるかを確認していきましょう。
例えば、高い利回りが期待される案件は低い案件に比べてリスク高く、
運用期間が長期である可能性があります。

高い方が良い、低い方が安全だから良いというのではなく、
リスクが高くて長期間でも資金は充分であるかなどを考えていく方が良いでしょう。
上記の点を確認しながら、用意できる資金などを元にサービスを絞ったら、
実際にサイトを訪れてみましょう。

その時に、そのサービスで扱っている案件をざっと確認するのもいいでしょう。
案件の内容は各事業者によって多少異なり、同じような案件ばかりとは限りません。
また国内に限らず海外への出資を行っているソーシャルレンディングの事業者もあるので、
どのような案件を取り扱っているかを確認してから登録するようにしましょう。

案件にはどんな違いがある?

それぞれの案件の違いにはどういうものでしょう。
案件には不動産に特化したものや海外の投資に特化したものなどがあり、
それぞれのサービスによってどのタイプの案件に特化しているかなどの特長があります。

例えば『ラッキーバンク』は不動産特化型が特徴のサービスで、全案件に不動産担保が付いています。
『クラウドクレジット』では海外特化型の案件が多く利回りが高いサービスを行っていて、
2つのサービスを比べただけでも案件内容は異なります。

また『SBIソーシャルレンディング』は証券担保ローンや不動産担保ローン、
オーダーメイド型のローンの3種類があり、好みに合った案件を見つけることができます。
このように、『ラッキーバンク』『クラウドクレジット』『SBIソーシャルレンディング』と
ソーシャルレンディングを代表する事業者3社を比べただけでも、案件内容にそれぞれ特徴があるため、
どれが自分に合っているか比較しやすくなります。

また『SBIソーシャルレンディング』は、信頼ある会社が背景であるため、
安心感が増して選ぶという方も多くあります。
また『みんなのクレジット』は最低出資額が10万円からではありますが、
案件数が多く期待利回りも高いものが多いサービスです。

その中でも一番の特徴が、キャッシュバックなどのキャンペーンが
多くあるということが挙げられます。
他の事業者でもキャンペーンがある場合もありますが、
こちらのサービスは回数も多いので試してみるのもいいでしょう。
このように様々なサービスの特徴をくらべながら、自分に合った事業者を円卓していきましょう

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事