ball-665090_640

白石伸生<『みんなのクレジット』代表取締役社長>がインタビュー記事で語ったソーシャルレンディングの仕組み

最近、新しい投資サービスとして「ソーシャルレンディング」が
注目を集めているのをご存知でしょうか?

そのサービスを行う会社はいくつかありますが、
その中でも多くの人が信頼を寄せている会社が『みんなのクレジット』です。

そのような素晴らしい会社を当初一人で立ち上げたのが、
『白石伸生』なのです。

メディアへは出演はほとんどしない彼が、
インタビュー記事で語るサービスの仕組みを紹介します。

担保価値を120%以上にする

「ソーシャルレンディング」の主流サービスの仕組みとして、
不動産担保を行っているところはよく耳にしますよね。

特に業界第2位の『ラッキーバング』は、
この不動産担保を主流としている会社です。

しかし、こちらでは同じようなサービスを行ってはいません。

それぞれの投資家に、ミドルリスクミドルリターンの商品、
すなわち融資した資金が還ってこない場合がある時に限り、
融資した資金に対する見返りも見込める商品を提供する仕組みとして、
全案件に120%以上もの担保価値を設定しているのです。

このパーセンテージは他の会社よりもより高く設定されており、
案件による担保はほとんどが有価証券や商品在庫になります。

これだけの担保価値を備えていることには、
社長が目標として一目置いている「元本保証性の高さ」を期待できます。

現在では、過去に不動産担保をしていた投資家たちも次々とリスクを考え、
担保価値があるこちらのサービスにシフトしてきているのが現状です。

不動産投資には多大なるメリットがありますが、
万が一不動産の売れ行きがよくなく危険に陥っても、
即日120%の担保が回収できるのも魅力です。

自動融資審査システムの導入へ力を入れる

現在、白石伸生は「人工知能に基づく自動融資審査システム」を
開発することに力を入れています。

一言でこのシステムとはなんだろうか。と疑問を抱く方は多くいらっしゃいます。

厳密に言うと、約1000項目もあるスコアリングモデルシートを自ら作り、
ディープラーニング(多層構造のネットワーク)を使い審査を実行するものです。

これは、個々のデータと過去にあった出来事を元に、
定生・定量から緻密な解析を行い、
それぞれの個人に合う融資額と金利水準を決めることです。

この自動融資審査システムが完成し導入することで、
債務不履行のリスクをできる限り抑え、
資金に困っている多くの人々に幅広く資金調達の提供を可能になると考えています。

こちらのサービスは2017年9月に開始される予定であり、開発に取り組むのは、
白石氏と同じベクトルを持つ優秀な人工知能専門技術者たちです。

今の日本で行われているソーシャルレイディングは、
資金を借りる人を明確にすることができない匿名性の問題や、
法律に絡む多くの問題がありますが、それを1つでも解決できるサービスを
人工知能を用いて行おうという意気込みがあります。

ソーシャルレンディングはCtoCへ

今、国内で行われている、
ソーシャルレンディングの主な融資先は「B(事業者)」となっています。

しかし、白石伸生が考える新しいサービスとは事業者ではなく、
「C(消費者・個人)」向けにも融資を行っていこうというものです。

先ほどの人工知能を用いた自動融資審査を取り入れようという姿勢が
こちらでも発揮しています。

現在行っているサービスCtoBは、そのままフェーズ1として残し、

それに加え、
来年9月から始まる融資審査によって生まれるCtoCをフェーズ2として置き、

新たにフェーズ3は、
新興国向けのマイクロファイナンスと言う形で展開することを考えています。

国内では、すでに「クラウドクレジット」が
こちらのマイクロファイナンスのサービスを展開しており、
また「クラウドクレジット」は新興国への資金ニーズを模索中です。

他のライバル会社も次々と新しいサービスを出して動き始めているところですが、
『みんなのクレジット』は、他の会社がやったことのない、CtoCサービスの展開
へと乗り出しています。

白石伸生は、国内・海外問わずまだまだ苦しい性格を強いられている人々の助けとなる
サービス作ることに努力しています。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事