1229-2

白石伸生「『みんなのクレジット』代表取締役社長」がインタビューで語ったこれからのソーシャルレンディングの目標

『みんなのクレジット』は、日本で提供されてる
ソーシャルレンディングを行っている会社です。

白石伸生は、ソーシャルレンディングで運営資金を借りたい
事業者、投資家、企業、これらを結びつける
サービスに対しての熱意があります。

投資家個人が企業に融資する事が出来るだけではなく、
他の様々な楽しさをも提供していく事でしょう。

そんな白石伸生のインタビューで語った、
これからのソーシャルレンディングの目標を伝えたいと思います。

今あるサービスをより良いものに

資産を持っている人、資産というまでの
大げさな金額ではないけれども今すぐ使う事は
ない資金を持っている人にとっては、中々金利が上がらない
金融機関にお金を預けておく事はもったいない事をしています。

白石伸生は、投資家がソーシャルレンディングの知識を
たくさんもっていなくても、不安材料が少なく融資が安心して
出来るように全ての融資案件に対し、
融資金額の120%以上の担保を設けています。

事業主や不動産が保証となっているので、
これは、元金保証についてかなりの安心材料になります。
融資する先には、人工知能を用いて融資審査が
早く行えるように開発中となっています。

これまでの事例やデータを利用する事で、財務状況や
売り上げの分析を行い、即座に運用機関や融資金額、利息などが算出されるのです。

投資家にとって、新たなファンド案件が
web上にあがる頻度が増すので嬉しい限りですね。
投資案件数によるボーナスや頻繁に行われるキャッシュバックキャンペーン、
季節のキャンペーン企画なども展開されているので、ぜひ利用してみたいですね。

このように、ソーシャルレンディングサービスを充実させる事により
投資家を増やし、事業化を増やし、インフラの体制を
しっかりさせていくのではないでしょうか。
そうする事で、日本だけでなく、海外に進出するといった目標が
達成されますし、将来的には全世界にニーズがあるかもしれません。
それほど、日本だけでなく世界が注目しているサービスになっています。

社会貢献する事が出来る投資家へ

ソーシャルレンディングを利用する資産の運用は、少額から投資する事が
可能なので、まずは口座だけでも開設しておこうという人が少なくありません。
ソーシャルレンディングをするのが初めてという人や多くのベテラン投資家の人が、
ブログなどに情報を載せている事もあり、それらを参考に、
まずは口座を開設するといったソーシャルレンディングの
運営会社を選んだのであれば、口座開設というわけです。

白石伸生が提供しているサービス『みんなのクレジット』は、
今やどんどん投資額を増やしているのですが、それは貸し倒れが
起きていないなどの実情や、投資する側にとって
嬉しい特典なども特に関係してくるでしょう。

白石伸生は、特典のキャッシュバックなども投資家の感想を聞きながら、
投資家との信頼を会得していくために、常に試行錯誤しながら
様々な仕組みをサービスに取り入れているのです。

現在では、人工知能の開発に力をいれており、その人工知能を用いる事で、
個人向けの融資を今よりも格段に素早く行える事を目指しています。
海外では、個人の投資家が、個人に対して融資をする、といった
システムは、日本ではまだまだ浸透してきたとは言い難い状況となっています。

なので、白石伸生は、どんな投資家でも、社会貢献をしながら
投資をする事が出来る社会を作ろうとしています。
それを実現するためには、やはり、海外のシステムをさらに改良し、
日本で浸透させていく事で、一般的な投資家が
社会貢献する事が出来ると考えています。

社会性をもった投資家を増やしていきたい

ソーシャルレンディングのファンド案件に投資を行い、
運用期間が規定日より早く繰り上げられて返済されると、
その返済日までの利息とともに元金が戻ってきます。

そうする事で、貸し倒れはなくて良かった、という安堵とともに、
もっと金額はもらえるはずだった利息が惜しくなります。
そういった事が起きた場合は、戻ってきた資金を利用し、
次の案件へ再投資をすればいいのです。

再投資が『みんなのクレジット』の場合、
ボーナスキャッシュバック等があるので、
それを利用し、期待していた利息分を補う事が出来るのです。
ソーシャルレンディングは、個人を応援するファンドにも
していきたいと白石伸生は言っています。

海外留学生、シングルマザー、シングルファザー、などに対して行う、
応援融資といった海外でも行われている仕組みです。
それだけでなく、新興国の発展のための融資への
展開をするといった目標も考えています。

東南アジアへの設備投資に融資を行う、といったファンドになります。
投資家の育成として考えていくと、社会に貢献しているといった
メンタル面での育成に繋がります。

ソーシャルの名称通り、社会性のある投資を実現したいというのは
白石伸生の目標でもあるのです。

理想を実現させるためにも、日本での認知を
もっともっと高めないといけないですし、
海外への進出も成功させなくてはいけません。

ですが、常に先の事を考え、
会社の事、投資家、起業家、関わる全ての人が
良い関係を築けるように目標を掲げています。

 

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事