office-1574717_640

株・FXにはないソーシャルレンディングの投資方法

一般的な投資としては不動産や株、FXなどがありますが、
これらの投資はある程度の資金が必要であり、
投資の方法によっては元本以上のリスクを背負う可能性があります。

そのため、初心者の投資家を始めとして、なかなか投資ができないケースが多いです。
だから新しい投資方法としてソーシャルレンディングが注目され、
利益確定する投資家がどんどん増えてきています。

 

ソーシャルレンディングとは何か

投資は、お金を融資して利益を上げてもらって、ある利率分の利益を上乗せして返してもらう方法です。
そのため事業が失敗すれば投資は返ってきません。
ただし、多くの投資商品はしっかりとした情報公開をして投資家に応えてきました。

 

投資家の多くは余剰資金がある大規模投資家が多いのですが、
定期預金に預けても利率がほぼないことから一般の投資家が急速に増えています。

 

ただし、一般投資家に従来の投資商品は重すぎることから、
手軽に投資できる手法が求められています。

その手法の一つとしてソーシャルレンディングが注目されています。
ソーシャルレンディングはインターネットを利用して多数の投資家から少額ずつ投資を集める方法です。

 

また、投資対象はこれまであまり投資家が出資してこなかった分野であり、
社会的に求められている投資として注目されています。

合わせて、従来の投資もカスタマイズして提供されるようになっており、
投資商品の幅が広がってきています。投資商品の充実は投資家をさらに集め、
相乗効果で注目が集まってきています。

 

ソーシャルレンディングをサービスする理由

従来の株やFXのような投資をしてきている方にとって、
ソーシャルレンディングは大きな違いが多数あると言われています。

その一つがリスクです。

投資は誰も守ってくれませんし、
株やFXの場合は取引方法によっては元本以上の損失が出ることもあります。

リターンが大きいがリスクも大きいそんな投資です。
しかし、ソーシャルレンディングであればリスクは出資額のみです。

 

リスクがはっきりしていることで投資しやすくなっています。
また、扱う商品が不動産を含めた従来の方法なだけではなく、
海外投資を積極的に行っており、投資として広がりが出ています。

 

海外投資については海外の不動産の他に新興国の事業なども含まれています。
これらの投資先は従来の投資ではあまり積極的ではありませんでした。
しかし、社会的に求められてきた分野であり、
社会へ還元したい方や海外投資を通じて社会に貢献したいという方も多くなっています。

 

インターネットを利用したこのような出資金の集め方は、
クラウドファンディングとも言われることが多いですが、
返済のたびに利益還元されるので直接的に利益が得やすい方法です。

 

ソーシャルレンディングは、どの投資会社を選ぶべきか

インターネットを利用した投資商品の販売は、
大小さまざまな企業で行われています。

投資対象も不動産、中小企業の社債、事業融資などさまざまです。

 

バラエティに富んでいることから一般の方からの投資も増えており、
成功する事業が多くなっています。

ただし、リスクも増えていることから安定を求める動きも活発です。
中でも不動産投資についてはノウハウのある企業であれば、
ほぼ失敗しないことから注目されています。

 

不動産投資については『みんなのクレジット』が注目を集めています。

みんなのクレジット』が注目される理由は2点あります。

1つは10万円から始められる低額投資ができることです。
この投資の場合10万という少額投資はほぼ対応されていませんでした。

 

2つめは運用期間です。また数年単位が一般的な投資期間なのですが、
1ヶ月単位で設定できる商品を用意したことで、
投資でリスクを減らしたい方に魅力的な商品となっています。

 

また、複数の投資をする分散投資において少額投資と短期投資は重要であり、
みんなのクレジット』のような投資の方法を選ぶ方が増えています。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事