candle-1428451_640

新金融商品「ソーシャルレンディング」がいま注目されているワケ

ソーシャルレンディングは、最近注目されている新金融商品です。

インターネットを利用した新しい資金調達の手段として注目されてきています。

いままでも、ベンチャーキャピタルのような
一般から公募する形式の資金調達の手段はあったのですが、
ソーシャルレンディングはインターネットを使用した新金融商品です。

 

立ち上げたばかりのベンチャーでも中小企業でも、
ソーシャルレンディングなら資金調達は可能です。

 

資金を調達したがっている企業も、
立ち上げ時は銀行等から借り入れを行うのは難しいものです。

担保や連帯保証人も必要ですし、審査にも時間がかかるものです。

 

ソーシャルレンディングを使えば、資金調達が必要な企業と投資家を結びつけ、
早急な資金調達を行うことが可能です。

上場することも無く、
資金調達ができる手段として人気になっている資金調達の方法です。

 

ソーシャルレンディングを用いれば、
設立間もないベンチャーや中小企業でも一般からの公募が可能です。

ハンズオフ型のベンチャーキャピタルと種類は同じですが、
資金を貸し付けるという形式に投資家は安心感を覚えるものです。

 

資金繰りに悩むベンチャーや中小企業にとっては、本当に心強い資金調達の手法です。

自社のサービスや商品を一般的にアピールを行うことで、
投資家の出資を募ることが可能なのです。

銀行から融資を受けるには、担保や連帯保証人も必要なく、
事業が拡大するにつれ、資金額が増えていくソーシャルレンディングを活用すれば、
資金繰りが円滑になっていくものです。

 

自社の商材やサービスをアピールしていくことは、結果としては自社のブランディングに繋がり、
集客力も上がっていくものです。

集客力が上がっていけば、
自然と売上が上がっていくという
理想的な資金繰りのシステムのソーシャルレンディングを採用している企業は
増えていく一方です。

 

投資家にとっても、出資では無く資金の貸付という形式ですので安心感があるものです。

ハイリスクとはいっても、倒産しない限りは貸倒にはなりませんし、
企業分析力に自信のある投資家にとっては、
魅力的な新金融商品なのです。

効率の良い利回りの金融商品を探している方は、
ソーシャルレンディングを検討してみるのも良いでしょう。

 

これから利用する企業は増えていくのは間違いの無い新金融商品です。

 

資金繰りを円滑にしたい企業経営者の方も、
将来有望な投資商品を探している投資家の方にも有益な新金融商品です。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事