euro-1517318_640

定期預金や債券などよりも利率が良いソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは、これまであまり投資対象にならなかった事業を中心に
投資商品として提案されています。

従来の投資に比べて投資規模が小さく、
また、融資が受けられなかった中小企業や新興国の事業など、
社会的に必要とされている投資ともいえます。

また、利率が高めに設定されていることから魅力的な商品として認知されてきています。

 

ソーシャルレンディングの仕組み

利率がよい投資商品が多いソーシャルレンディングですが、
仕組みはとてもシンプルです。

サポートする企業が全世界から魅力的な商品を探し、小規模投資できるように商品を組み上げます。

 

また、大勢の方に投資してもらえるように、
インターネットを利用して出資を募る仕組みです。

出資については情報公開が徹底されており、他の投資商品と同様のチェック体制がとれます。

 

商品についてはクラウドファンディングと同様の仕組みですが、
融資が決まると翌月からの返済から利益が発生するのが一番の違いです。

返済が続いている限り、リターンがある仕組みです。
また、リターンについては事業の運用期間とは別に、
出資の期間を自由に設定できるので自分の投資スタイルに合わせられるのも魅力です。

 

定期預金のような手軽な投資であり、
契約期間を1ヶ月から設定できる『みんなのクレジット』のような会社も出ています。

 

投資には絶対安全ということはありませんが、
全体の投資を大勢でサポートすることでそれぞれのリスクを減らすことが可能であり、
注目される理由の一つとなっています。

 

ソーシャルレンディングで行われる事業

ソーシャルレンディングで扱われる事業は社会的に求められている事業ばかりです。
従来の投資商品を対応させる場合もありますが、
多くは金融機関や大手投資家が扱ってこない投資商品であることが多いです。

特に増えてきているのが不動産関係と新興国の事業です。
どちらも出資を多くの方から募るやり方はされてきておらず、
なかなか事業として成り立たないケースもあったようです。

 

しかし、ソーシャルレンディングに対応させることで成約率が格段にあがってきています。

新興国関連の事業は不透明なところが多かったのですが、
率先して情報公開を進めることで投資者を増やすことに成功しています。

また、定期預金のように少額から始められるため、
危険性が高い商品でも出資する方が増えています。

安全性については厳しい審査があるのですが、
不動産関連のような安全性の比較的高い商品を中心に人気が出ていますが、
少額出資を可能にしていることからさまざまな商品に投資が集まっており、
そのすべての事業については情報公開のために調査を厳密にしています。

 

安全性の高い投資について

従来の投資では安全性が高ければ利率が低くなるのが多く、
定期預金にいたっては利率が低すぎて投資として見ていない方が多いほどです。

だからといって危険性の高い商品を選ぶのは難しいです。

 

そこで注目されているのが『みんなのクレジット』がやっているような不動産投資です。

不動産投資といえば大規模な資金が必要なケースが多く、
少人数の大規模投資家や金融機関が扱う場合が多いとされてきていますが、
インターネット上で広く出資を集められるこの方法であれば10万円程度の少額投資が可能です。

 

不動産投資は特殊なノウハウが必要とされていますが、
みんなのクレジット』のように、
十分なノウハウがある企業がサポートすることで成功する事業が多いです。

 

また、不動産投資の多くは担保が設定しやすいのも利点です。

担保設定についてはあまり良しとしない企業も多いですが、
投資家に信用してもらうために担保を設定するケースが増えています。

もちろん、社会的に求められている事業の場合はなくても実現されるケースも多いですが、
不動産投資の場合は設定することが多いです。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事