qualification-752049_640

利回りでソーシャルレンディングサービスを比較する

少額で資産運用ができるソーシャルレンディングは、
投資の初心者からベテラン投資家まで注目されている投資先になります。

事業資金を必要としている中小企業にとっては、
金融機関とは異なる基準で融資を受けることができ、

投資家はネットを介して自分スタイルで投資することができ、
高利回りであることも注目されています。


利回りが高いほうが良いにきまってる!


投資をする案件については、運営会社によって異なりますが、
ほぼ同じ仕組みで運用されています。

資金を出資する人は、案件情報をチェックして投資してもいいと判断したらエントリーします。

募集額に到達したり、募集期間終了時に規定をクリアしていれば投資が成立します。

しかし、融資の募集期間中に目標額に到達しないなど、投資不成立となる場合がありますので、
その場合は再度投資先を探すことになります。

投資が成立したらあとは融資先から支払われる利息の配当を待つだけです。

『みんなのクレジット』は利回りが高いことで注目されています。

投資期間も選ぶことができるので、運用スタイルに合ったものを探すことが出来ます。
そして、運用する際に分散投資を行うことでリスクを軽減することができます。

保証や担保がついていて安心ポイントが高いうえに、資産を分散し、
異なる運用期間のものを選ぶことでさらにリスクの軽減を図ることができるでしょう。


いくつかの案件に投資することでボーナス特典がつくものもありますし、
キャンペーンも多いので、それもまた魅力です。


ソーシャルレンディングは基本的に利回りが高いのです


まとまった資金を運用する場合、株やFXなど、
これまでは専門的な知識やそれに付随する情報収集が必要な運用法がメインでした。

副業として投資をしている場合、長時間ネットに目を通したり、
情勢による変動にやきもきするなど、メンタルや物理的な問題がクリアできる人には
ふさわしい運用法ですが、初心者には若干敷居が高いイメージです。

投資にあまり時間もとれないし、運用知識があまりないという初心者にもおすすめなのが、
高利回りが期待できるソーシャルレンディングです。
利回り率は運営会社よって異なりますので、比較することが必要になってきます。

預金等の金融機関の利息に比べて、運営会社はネットを介すことで、
低コストでの運営が可能なので、高い配当が可能となるわけです。

個人向けの国債の利率は、2016年5月で0.05%です。
これと比較すると、ソーシャルレンディングの場合、3%から14%ほどです。

これはかなり高いといえるでしょう。
運営会社や案件によって変わりますので、よく吟味して投資を行う必要性があります。


短期運用でさまざまな案件にトライしてみる


ソーシャルレンディングサービスの利点のひとつとして、
資産運用が短期でできるという点が挙げられます。

長期的な運用の場合、運用中の期間は、その資金には手をつけることができません。

時間をかけて運用を考えている場合や、資金が多くある場合は全く問題がありませんが、
預けっぱなしであることに躊躇したり、少額資金しかない場合、短期で元本が戻ってくれば安心です。

よりいい案件を見つけた場合、乗り換えることもできますし、自由度が高いのも、
ソーシャルレンディングの魅力です。

より率の高いファンドが誕生するかもしれませんし、運営会社もサービス内容をどんどん進化させているので、
まめに口座を開設した運営会社のサイトをチェックするようにしたほうがいいでしょう。

さまざまな運営会社を比較してみると、
『みんなのクレジット』は配当時の利率の良さで注目されているだけでなく、
全案件に保証がついているというのも安心材料としてポイントが高く、おすすめです。

利用者の口コミなども参考にしながら自分に合ったサービスを有効に利用してください。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事