中級者以上の投資家におすすめしたい「みんなのクレジット」の最低投資金額は?

「ソーシャルレンディングを始めよう」という投資家の方は増えていることは事実です。

この投資法は、中級者以上におすすめの投資がソーシャルレンディングです。

 

最低投資金額はだいたい10万円から行え、高利回りを誇る投資ファンド。
資金調達を行いたい企業の経営者と、
高利回りで確実な投資を探している投資家を結びつけるソーシャルレンディングは、
銀行の貸し渋りを背景に急速に利用する経営者が増えています。

 

貸付型クラウドファンディングという、新しい形の資金調達は、
まさに時代に即した資金調達手段です。

 

3ヶ月単位で金銭の貸付を企業に対して行う投資方法ですので、
毎月利息が配当という形で投資家のもとに入ります。

形式はベンチャーキャピタルに似ていますが、
未公開株で上場益を出すのが目的なのは、中小企業には敷居の高いものです。

 

小さな会社でも、
上場をせずに一般から公募をすることが可能なソーシャルレンディングは、
資金難の中小企業の経営者やベンチャーの経営者にとっては、有益な資金調達の方法です。

 

事業運営をしていく上ではコストがいろいろかかるものです。

人件費はもとより、販促費、設備費等、毎月お金は大量に出ていくものです。

 

ビジネスを営む以上は、毎月確実に入金があるわけではありません。
ビジネスモデルによっては、契約してから入金まで1年以上かかるものもあります。

ですが、その間にも人件費や設備の維持費等はかかっていきます。

 

いくら良いビジネスモデルを展開していても、
事業資金が枯渇しては営業を継続できないものです。
そういう企業のためにソーシャルレンディングは誕生しました。

銀行から借入の難しい中小企業に対し、
ネットを通じ一般の投資家からの借入を可能にさせる。

 

ソーシャルレンディングを利用することにより、
自己資本以上のビジネスを展開できるようになるのです。

ソーシャルレンディングは投資家にとっても魅力的な商品です。

そのソーシャルレンディングサービスを行う、代表的なサービスが『みんなのクレジット』です。

企業への出資ではなく、貸付という形で資金を出しますので、確実な回収が可能です。

利回りも、この低金利時代に7%台と驚異的な数字を出しています。

貸倒の可能性も、対象企業が倒産しない限りは大丈夫です。

 

もし、倒産しても担保が設定されていますので、投資家の方に貸倒の可能性はありません。

リスクも無く高利回りでの投資が可能なソーシャルレンディングで、
確実な利益をえることが可能です。

資金を欲する企業と、
効率的な投資を求める投資家を結びつけるソーシャルレンディングは、
今後も成長していくでしょう。

『みんなのクレジット』 のオトクな情報を見てみる

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2018


おすすめ記事