analysis-680572_640

中小企業の借り入れの形が変わる?ソーシャルレンディングで広がる資金調達方法

ソーシャルレンディングは中小企業の新しい資金調達の方法です。

借り入れをどうするかで経営者の方は悩むものです。

銀行からの借入を行うにしても、
担保や連帯保証人等は必要になってくるものです。


立ち上げ当初のベンチャーの場合には、
そのような担保や保証人の準備などは無理に決まっています。


ソーシャルレンディングは誕生して10年も経たない資金調達の方法ですが、
立ち上げ当初のベンチャーや中小企業でも
確実に資金調達を行っていくことが可能になります。

貸付型クラウドファンディングは聞きなれない言葉ですが、
イメージとしてはベンチャーキャピタルを勘解てもらえれば想像しやすいはずです。


ネットを使って、資金を必要としている企業と、
高利回りな投資を求めている投資家の間を結ぶのがソーシャルレンディングです。

株式上場をすることも無く、一般から公募を行い、
事業運営に必要な資金の調達を実践していくことが可能になります。


立ち上げ当初のベンチャーの場合には、
いくら優れたビジネスモデルや画期的な商品やサービスがあったとしても、
資金が無くては営業を継続できないものです。

順調に販促を続けていくためには、
継続的に資金調達のできる手段が必要になってきます。


銀行からの借り入れとも、株式市場からの資金調達とも違い、
上場を意識していない中小企業やベンチャー企業でも、
気軽にネットを通じて一般の投資家からの資金調達を実現するソーシャルレンディングを用いれば、
資金面での悩みは解消されていきます。

株式上場は誰でもできるわけではありませんし、興味の無い経営者の方もいるものです。


未公開株を発行して投資ファンドで資金を調達するにしても、
投資家は上場益を期待して投資します。

貸付型クラウドファンディングは、広く世間一般の投資家から資金を調達する、
新しい資金調達の手段です。


イギリスで誕生して10年も経ってはいませんが、
すでに中小企業やベンチャーでは認識されています。

特に大学を出たばかりのベンチャー企業の経営者の方には利用する方が多いものです。


企業の成長と共に、資金調達額も増加していくクラウドファンディングを用いれば、
きっと理想的な経営を実現していけるでしょう。

ソーシャルレンディングの利回りは8%台とかなりの高利回りです。
貸付という安定した投資で高利回りの金融商品ですので、
投資家も安心して出資ができるのです。

これからの資金の調達手段としてソーシャルレンディングは広まっていくでしょう。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事