102457

一度投資をしたら配当を待つだけ!ソーシャルレンディングの良いところ

近年では様々なビジネスや投資商品が販売されていますが、
現在ではアベノミクスの影響により非常に多くの利益を上げてきた人でも、
円安や金融緩和の影響が徐々に悪化してきています。

よって、投資により利益の上げにくい時期になってきました。

 

また、前回の伊勢志摩サミットにおいては日本の首相が世界経済は
リーマンショック並みのリスクを抱えているとしたことから、
日本において経済不安が発生するなど、
非常にリスクを見なければならない時期になってきています。

 

さらには、この影響により消費税増税を見送る考え方にあるなど、
日本の景気も回復が難しくなる時期になっています。

このような時期に投資をすると、
世界経済不安が加速したときに、すぐに会社は倒産の危機になり、
例えば株取引を実施している人にとっては株価が半分になるなど、
非常に厳しい状況になることもあります。

 

このような時期には債権や国債の購入など
できるだけリスク資産である株式などの金融商品から、
相対的に安定している国債や債券などが買われることが非常に高くなります。

債権や国債が買われると金利が低くなるので
非常に割高で購入しなくてはならいといった事態になります。

 

現在の世界経済においては
積極的な投資を実施してリスクを取りに行くと、
現在保有している資産を失う可能性も高くなってきているので注意が必要です。

そのようなときに、
国債や債券を購入するという人たちに対して
注目されているのがソーシャルレンディングといいった投資手法になります。

 

ソーシャルレンディングは債権や投資といった株式取引のように
毎年の配当を支払う金融商品になります。

ソーシャルレンディングの良いところとしては、
株式投資とは違い、株価の変動がないため、
価格が非常に安定した商品になります。

価格の変動がないということは、しっかりとした配当を支払っている企業であれば、
非常に良い投資先であり、、、
現在のような金融危機が起こりそうな場面においては非常に向いている投資が
ソーシャルレンディング
になります。

ここで、ソーシャルレンディングのリスクである
投資先の会社が倒産することに関しては、
きっちりとリスクを見ておかなければならず、
逆に株式投資との違いとしては、
企業や会社が倒産することがないかといった判断基準を持つことが大切になってきます。

 

特に積極的にソーシャルレンディングを実施している企業が、
SBIグループです。
その中でも、SBIソーシャルレンディングでは
高利回りのリターンを期待することができます。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事