calculator-1044172_640

マーケット型のソーシャルレンディングの仕組みとサービス

中小企業の社長さんが、資金繰りに困って消費者金融に手を染めてしまうことがあります。
金利が多少高くても泣く泣く借りに行くわけです。

ですが、その前に、ソーシャルレンディングという新しい手法に目を向けてみると
別な対策が練れるのではないでしょうか。
事前に準備しておけば、自分が借り手になるだけではなく貸し手になることもできるのです。

基本のメカニズムを知る

「ソーシャルレンディング」は、
新しい投資手法で「金融型クラウドファンディング」とも呼ばれています。
基本的に「ネット上でお金を借りたい人」と「ネット上でお金を貸したい人」
を結びつける仲介サービスです。

お金を借りたい人が「ボローワー(借り手)」と呼ばれ、
お金を貸す人は「レンダー(投資家)」と呼ばれます。

このボローワーとレンダーを「ソーシャルレンディング事業者」が、仲介します。
借り手としてのボローワーは、
レンディング事業者からお金を借りて、しかる後、返済します。

他方、投資家としてのレンダーは、レンディング事業者にお金を投資し、
この事業者から配当、分配を受けます。

借り手と投資家の間は、無関係です。
借り手も投資家もあくまで事業者との契約関係です。
ソーシャルレンディングは個人と個人による小口の貸し借りのためのサービスでした。

2005年にZopaという人がイギリスで始めました。
しかし、法的に問題があって、結局、個人間のサービスは停止されます。

現在は、企業と投資家(個人でもいい)間を仲介する仕事に変わっています。

 

株式や消費者金融とは違うメカニズム

中小企業の借り手にとってお金を借りるわけです。
ですから一見、ノンバンク系や消費者金融などの貸金業者と同じように見えます。

ですが、金融機関からお金を借りるのではなく、投資家からお金を借りるのですから、
基本的にしくみがまったく違っています。
投資家も借り手も、ソーシャルレンディング事業者と「匿名」の組合契約を結んでいます。

そのため、お金を借りる企業は、もちろんだれが投資家であるのかわかりませんし、
逆に、投資家は、どの企業に貸し付けたかわかりません。
この辺が投資家にとって株式と違うところですし、
借り手にとって消費者金融などとも違うところです。

この「ソーシャルレンディング」は株式やノンバンク、消費者金融などと比べて
どのようなメリットがあるのでしょうか。

投資家(個人でもよい)の側のメリットは5~6%といった
高利回りの案件が多いということにあります。
他方、借手の側(企業)のメリットは低金利での借入ができることです。

事業者の中で有名なのが『みんなのクレジット』 でしょう。
投資家にとって口座開設を済ませて、10万円程度の出資しておくだけで
多くのキャッシュバックがもらえます。
魅力的な利回り率、安定した資産運用、投資期間も選べる、
しかも元本割れの事例がないのも魅力です。

 

マーケット型のメリット

なぜそのようなことが可能なのかと言えば、
事業者はインターネットを通じて借り手企業と投資家を結びつけているので
コストを大幅に抑えることができます。
その分、低金利で貸付できるわけです。しかも審査時間が極端に短いのです。

例えば、企業がお金を借りる先は、まずは、銀行ですが、
起業したばかりの会社や中小企業は、融資基準を満たせないことが多いですし、
ノンバンクに行ったら年利15%~20%のような返済が待っています。
融資といっても、かなりつらい金利での返済になるわけです。
そうしたデメリットを避けることができます。

特に「マーケット型」の場合、借り手企業は、事業者に連絡して、信用度が格付けされます。
ランクが高いほど低金利で借りることができます。

他方、投資家は、格付けにしたがってどれくらいの金利で、
どれくらいの投資をするかを決定することができます。

事業者は、投資家から出資された資金を借り手企業の希望条件にマッチングさせます。
特に借り入れする企業にとって、インターネット上でオークションを行う必要がないため、
借入がとても早く行われます。
他方、投資家にとって自動的な分散投資と同じような効果があり利便性と低リスクを持ちます。
マーケット型がいやま一般的になっている理由です。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事