240_F_51398762_DrNO5ebvX2VPbtvSiLBr4w3dfTClC6LG

マーケット型のソーシャルレンディングと各社の案件比較

今の時代は「貯蓄から投資へ」という考え方が当たり前になってきています。
投資は危険、というイメージを持たれる方は多いことでしょう。
確かに、投資にリスクはつきものです。
しかし、銀行にお金を預けても金利はごくわずかでほとんど増えることはありません。
さらにインフレが起こったとしたら、銀行に預けているお金の価値は目減りしてしまいます。
つまり、これからは「投資しないリスク」というものが大きくなってきているのです。
そこで、比較的安全で、しっかりお金を増やすことのできる投資先をご紹介します。
それは「ソーシャルレンディング」です。

投資型クラウドファンディングは比較的安全

あまり投資の知識もなく
株やFXに手を出してしまうと、せっかく築いた資産が増えるどころか減ってしまいます。
最悪の場合、はまり込んでしまって資産がゼロに・・・という例も。

ソーシャルレンディング(別名:投資型クラウドファンディング)は株やFXと比較すると安全な金融商品です。
その仕組みは、「インターネット経由で投資家から集めた資金を事業者に融資し、金利の分を配当として投資家に配分する」というものです。
もし貸し倒れが発生したらどうなるの・・・?と
思う方がいらっしゃるかもしれませんが、おおかたの案件において、
融資金額同等の担保が設定されているので、
もし貸し倒れが発生しても、投資家の資産がなくなってしまう事態は防げるのです。

これが投資型クラウドファンディングが安全な理由です。
また、少額から参加できるのも大きな魅力です。
資金を分散していくつかの案件に投資すれば、すべての案件がデフォルトになることはまずありませんから、さらにリスクが軽減されるでしょう。

投資型クラウドファンディングの魅力についてお分かりいただけたでしょうか。

投資の条件や担保の設定方法、利回りなどは運営各社独自のサービスを打ち出すことによって差別化を図っています。
実施に投資をする場合は、よく比較検討して自分に合った会社を選びましょう

次は、投資型クラウドファンディングのサービスを運営している会社のうち、主にマーケット型を扱う4社の特徴について、案件の比較を交えてご紹介します。

各社案件には独自の色がある

金利は貸し手のリスク許容度や希望利回りによって変動します。
その動きがまるで株式市場のようなことから、マーケット型と呼ばれています。
さて、マーケット型のソーシャルレンディング4社をみていきましょう。

『みんなのクレジット』

2016年4月8日に
スタートしたばかりでまだ新しい会社ですが、その分最も勢いがあり、まさに「新進気鋭」といってよいでしょう。

案件の内容は多岐にわたり、不動産の仕入れや、事業者の開発費用調達、会社の運転資金、M&Aの費用などさまざまな種類のものがあります。

『ラッキーバンク』

『ラッキーバンク』は、不動産に特化したクラウドファンディングのサービスを展開しています。
全ての案件に対して不動産の担保を設定し、安全性の高い投資案件を提供しています。
マンションの開発・販売、オフィスビルの開発・販売、既存マンションの取得などの案件があります。

『クラウドクレジット』

非常に特色ある案件を持っており、海外の発展途上国への支援事業を多く扱っています。
カメルーンや東欧の中小企業支援事業、
ペルーの小口債務者支援プロジェクトなど、
グローバルな印象があるのが『クラウドクレジット』の特徴です。
利回りが平均10%と高めの設定なのは魅力的ですが、安全性には少々欠けるイメージもあります。

『SBIソーシャルレンディング』

こちらでは不動産を担保に融資を行う不動産担保型と、顧客の持つ株式を担保に融資を行う証券担保型の2種類の案件を主に扱っています。資金の使い道は自由、唯一個人向けの融資も手掛けています。

4社の中では『SBIソーシャルレンディング』が最もサービスのキャリアが長く、経験豊富と言えるでしょう。

おすすめは『みんなのクレジット』

どこのサービス運営会社がいいかは、単純には比較ができないので判断が難しいかもしれません。
もし迷ったら、『みんなのクレジット』にすることをおすすめします。
理由はその安全性と利回りの高さにあります。
まず安全性についてですが、全ての案件に対して担保をしっかりと設定しています。
さらに、通常、融資の担保というのは
不動産であることがほとんどですが、業界では唯一美術品宝石等の動産も担保設定できるよう認可を取得しています。

そして、担保の設定額は
融資金額の120%としているところも
非常に安全性が高く、万が一貸し倒れが発生したとしても投資家が損失を被らないよう最大限の努力をしていることが伺えます。

次に利回りの高さです。
平均利回りは7~8%、最大ですと14.5%もの利回りを実現しています。
これは業界トップクラスの高利回りで、
例えば『SBIソーシャルレンディング』は投資型クラウドファンディングの老舗で安全性にも定評がありますが、利回りは3~4%付近と、比べてしまうと少々物足りなく感じるのも事実です。

そして最低投資金額は10万円から
このくらい小額からスタートできれば、
これまで投資活動を行ったことのない方でも気軽に預けられる金額ですし、いかようにも分散投資が可能です。
サイトの使い勝手も分かりやすく、まさに初心者に最適ですし、ベテランも満足させるサービス内容がここにあります。
一度こちらでの投資を検討してみてはいかがでしょうか。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事