s-7346c53bd10ab230dc734a61ae7b8a08_m

ソーシャルレンディング運用のコツは、キャンペーンを活用し、実質利回りを上げること

今回は、少しでも実質利回りの高い運用をしたいという方のため、
キャンペーン中のソーシャルレンディングの会社を取り上げたいと思う。

 

現在、「キャッシュバックキャンペーン」を実施してるのは2社。
みんなのクレジット』と『トラストレンディング』である。

 

それでは、
キャッシュバック金額や対象条件などキャンペーンの詳細を見ていこう。

『みんなのクレジット』のキャッシュバック金額は、3,000円

 

キャンペーン対象は、【5月中に口座開設】をして、

なおかつ、

【5月中に10万円以上の投資を実行】した方々だ。

 

この3000円は開設した投資会員専用口座に直接入金される。

ちなみに、4月中に口座開設をし、
まだ投資未実行の方も5月中に10万円以上の投資をすれば、
3000円キャッシュバックの対象者となる。

 

『トラストレンディング』は高額なキャッシュバックだが・・・

一方、『トラストレンディング』は、
現在2つのキャンペーンを実施している。

まず、1つ目のキャンペーンについてだが、
キャッシュバック金額は、1,500円

キャンペーン対象は、
【「新規会員登録完了」と「メールマガジンの購読登録完了」した方々】だ。

 

現金1500円のキャッシュバックは、約2ヶ月程度で、
会員が会員登録をする際に登録した、
会員名義の銀行口座へ振り込まれるとのこと。
(もちろん、振込手数料はトラストレンディング側が負担してくれる。)
キャンペーン期間は、2016年6月30日(木)午後5時まで。

 

2つ目のキャンペーンのキャッシュバック金額は3,500円
キャンペーン対象者は、【期間中10万円以上の取引をした会員】。

キャッシュバック方法は、一つ目のキャンペーンと同様だ。
キャンペーン期間も同じで、2016年6月30日(木)午後5時まで。

 

二つ合わせて5000円のプレゼントは、10万円の出資者にとっては、
実質利回りで考えると、大きい。

ここまで話を進めてみると、
『トラストレンディング』で出資したいと考える方が多いだろう。

たがしかし、
『トラストレンディング』について、伝えておきたいことが一つある。

 

『トラストレンディング』の会員登録は、少しハードルが高い。

登録の入力フォームに、
〈お客様の適合性確認〉とする質問項目がいくつかあるのだが、
金融資産額が小さかったり、資産運用の方針が元本の安全性を重視するような人だと、
会員登録可能条件に合わず、申請を受けられない

とのことで、確認ページに移動できないのである。

 

また、会員登録の手続きの一部として、
特定記録郵便でのやり取りが必須となる。

そのため、2つ目のキャンペーン条件まで満たすには、
キャンペーン期間終了までに日程的余裕も必須となる。

 

ちなみに、この特定記録郵便の目的は、審査の一環ではなく、
審査を通過した投資家だけに送る「認証キー」の発行である。

 

その点が『SBIソーシャルレンディング』とは異なるところだ。

『SBIソーシャルレンディング』の場合は、
「本人確認キー」を発行・確認後に審査に入るという流れだ。

 

確実に高利回りが期待できるソーシャルレンディングは、
どのサービスか

キャンペーン対象者になるには、
ちょっとした関門を突破しなければならない『トラストレンディング』。

時間をかけ、多くの項目を入力したのに、
〈適合性確認〉で、申請不可とされたのでは意味がない。

だからといって、回答を事実と偽るわけにもいかない。

 

それならば、ここからは私の提案ではあるのだが、

まずは、
比較的適合性確認などの入力フォームを突破しやすい
『みんなのクレジット』で実質利回りを高くするのが、
賢いやり方だと主張したい。

 

多くの投資家たちに、元々高利回りのソーシャルレンディングを、
ぜひ、リスクなく、より高利回りの投資にしていただきたいと思う。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事