00

ソーシャルレンディング運営会社の良いところを比較

インターネットを利用し、
投資家が事業者にお金を貸す仕組みがあります。

そうすることで利息や配当を
受け取ることができるため、資金を増やすことが可能となります。

この投資方法はソーシャルレンディングと呼ばれ、
投資家がインターネットを通じてこの運営を行っている会社と
匿名契約を結び、出資を行い、運営会社が資金を必要としている
企業等に対してその資金を貸し付けるという形をとっています。

少額の資金を広く集める手法を用いるという比較的新しい金融商品と言うことができるようです。

少ない額でも考慮したい振り込み手数料

最近始まった新しい投資方法で資金を運用する
ソーシャルレンディングの運営会社はすでに多く存在しています。
少ない金額から投資できるという点が魅力的だと感じている人も多くいますが、
何分新しいサービスであるため、運営会社を選ぶ際にはそれぞれの
資金の都合やライフスタイルなどを考慮して、無理のない投資を行える
会社を選ぶべきだと言えるでしょう。

言うまでもなく投資は資金があって初めて行うことができますが、
その際に生じる手数料などの投資に元金以外に
発生する金額も比較、検討の対象となるかもしれません。

投資を行う際には、まず運営会社で口座を開設する必要があります。
口座が開設されてから投資ファンドを選択し、投資額の振り込みを
行うことになりますが、その際に手数料が必要となるところもあります。

現在ソーシャルレンディングを行っている運営会社は、
クラウドクレジット』『SBIソーシャルレンディング』『ラッキーバンク』などがあります。
この3社の振り込み手数料は無料となっていますが、
振り込み手数料が無料ではなくこちらで
負担しなければならないところもあるようです。

大きな金額ではなくても、手数料が
毎回必要となるとその額は決して少ない額ではなくなってしまいます。

そのため、元金以外に必要となる金額を考慮したい場合には、
手数料の有無や振り込み手数料料金が安い銀行を探すなどの工夫をする必要もあるかもしれません。

把握しておきたい運用利回り

比較的高利回りが期待できると言われる金融商品ですが、
資金を貸した事業者に返済ができなくなると言う貸し倒れのリスクもあります。

事業者の返済が不可能となれば投資家が損失を負うことになるので、
担保が確保されているか、保証はあるかなどを事前に把握しておく必要があります。

しかし、比較的少ない金額で投資することができるのは魅力的な商品だということもできます。
投資金額はそれぞれの会社で決まっています。

最低金額は1万円からで、『SBIソーシャルレンディング』と『ラッキーバンク』がこれにあたります。
一方『クラウドクレジット』と『みんなのクレジット』は最低額が10万円からとなっています。
投資をする上でいちばん気になるのは運用利回りだという人は多いようです。

どこの会社も運用利回りの率をうたっていますが、
投資先を選ぶ上ではまずその数字は参考になるでしょう。
運用利回りの平均はおよそ5%だと言われています。

その中にあって比較的利回りが高い会社もあります。
『SBIソーシャルレンディング』は2%から7%となっていますが、
『みんなのクレジット』は7%でも少ないほうで、多いと14,5%という場合もあるようです。

これらの数字は口座開設においての参考にすることができるでしょう。
また、運用期間など1か月から最長で3年まで、
7カ月から2年までなどそれぞれに異なっているのそれも考慮の対象にできるかもしれません。

いろいろな条件を考慮すると安心だといえる会社

口座開設を行う会社は投資家それぞれの考え方や価値観などで決めることになります。

投資は資金を増やす目的で行うものなので、
キャッシュバックなど様々な形で資金が増えていくようになれば、
それも楽しみのひとつになるかもしれません。

その点から見ると『みんなのクレジット』には魅力的な部分があります
それは設定された条件を達成することで
分配金以外にもボーナスがもらえることがあるということです。

満額成立ボーナスは募集しているファンドが
満額になって成立すれば誰もが一律にもらえるボーナスです。

投資金額ボーナスというものもありますが、
これはたくさんの資金を投資した人がもらうことができます。

キャッシュバックされる金額は最高で12万円となっています。
他にもふたつの案件にそれぞれ投資した人が
もらえるコラボボーナスというものもあります。
口座開設を行い、投資ファンドを選択して入金、
申し込みを行い運用が始まりますが、その際の利息も
毎月の配当としてもらうことができます。

また口座手数料や取引に際しての手数料は無料となっています。
融資の対象は中小企業に特化していて、
その運用資金として貸し出しをしています。

すべてのファンドで担保を設定しています。
保証に関しては融資先の代表者が連帯保証を行っていることから、
うまくいかない場合でも補てんは可能となっています。

それらのリスク回避ができる状況を鑑みても、
口座開設はここで行うことが安心して投資ができるということにつながるでしょう。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事