ソーシャルレンディング投資に向いている人、不向きな人のタイプは??

ソーシャルレンディングに興味を持つ投資家の人の特徴は、
投資家の人でしたら既存の株式市場等には興味もなく、
ハイリスクでもハイリターンを求める人が投資に参加をするものです。


ソーシャルレンディングを利用して資金の借入を行う企業は、
ベンチャー企業や中小企業等の信頼や実績が少なく、
銀行等から資金調達が簡単に出来ない企業です。

銀行等から資金調達を行うには、担保や連帯保証人等も必要ですし、
審査にも時間のかかるものです。

立ち上げ時のベンチャー企業が、
そのようなことに時間が掛かっていては致命的なものです。

ソーシャルレンディングを用いれば、
自分の企業に興味を持つ投資家をインターネット上から公募を行い、
資金調達を行うことが可能になります。

自分の会社のサービスやビジネスモデルのアピールを行い、
興味をもつ人を公募すれば良いだけです。

ソーシャルレンディングは、
優秀なビジネスモデルは保持しているが資金調達に難がある企業と、
既存の株式のリターンでは満足せず、
ハイリスクでもリターンの大きい投資を求めている人を結びつけるものです。

企業は、自分の会社に興味をもつ人に対してアピールを行っていくことで、
世間的な認知度も上がって行きますし、資金調達量もふえていくというのが、
ソーシャルレンディングの特徴でもあり、利点でもあります。


投資というスタイルでは無く、金銭消費貸借という形式であるのも、
出資者に対して安心感を与えるものです。


銀行の貸し渋りや、上場審査基準の見直しを背景に、
急速に認知度が上がってきたソーシャルレンディングを利用し、
資金繰りを円滑にしようと考える企業は増えています。


ソーシャルレンディングは、株式市場からの資金調達とは違い、
資金量を増やすことを自分で行っていくことが可能です。

企業努力をしていき、広報活動を増やしていくことで、
世間的なイメージや認知度を上げていけば、
自然と金銭を貸してもいいと考える出資者は増えていくものです。

そして、広報活動を行い、認知度も上がっていけば、
自然と会社の規模も拡大されていくという、新しい時代に即した資金調達の手段です。


まだ、誕生して10年程度しか経っていない、新しい金融ビジネスモデルですが、
市場規模は急速に拡大をしています。


これから資金調達を考えているベンチャー企業の方も、
銀行の貸し渋りに悩んでいる中小企業の経営者の方もソーシャルレンディングを用いて
事業拡大を検討してみても良いでしょう。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2018


おすすめ記事