skyscraper-450793_640

ソーシャルレンディング市場が活気づいていると言われている理由

投資市場はこれまで大投資家や金融機関が主な顧客と言われてきました。

しかし、ソーシャルレンディングの登場でこれまで投資に興味が無かったり、
金融機関から融資を受けづらかった新興企業が融資を受けられるようになるなど、
社会に貢献できる投資として認知され、運営する企業も増えており、
投資に参加する方も合わせて増えています。

 

ソーシャルレンディングの魅力

ソーシャルレンディングが一般の投資と大きく違うのが、
インターネットを利用していることです。

一般的に投資といえば投資会社が選ばれた投資家に投資商品を提案することが多いのですが、
ソーシャルレンディングの場合はインターネットで広く公開され、
資金があれば誰でも投資可能です。

投資については事業が完全に情報公開されます。
特に利回りやリスクについては厳密に調査され公開されます。
これらの情報を元に投資をすることになります。

 

また、一般的な投資では運用期間が固定の場合が多いですが、
自分の投資スタイルに合わせて期間が設定できるほか、出資金も自由に設定されることが多いです。

 

さらに、出資金額や投資期間によらず、
利回りが固定であることから投資家の間で利回りが違うこともなく、
平等に運用が行われます。

 

利益については毎月の返済から還元されることとなり、
運用途中でも利益が得られるので安心感があります。

特に定期預金と迷っている投資家の場合は『みんなのクレジット』のような、
不動産投資を中心にする運用会社を利用することで定期的な運用が可能となります。

 

ソーシャルレンディングが優れている理由

投資の手法はこれまで投資会社の力の他に市場に左右される事が多く、
リスクも大きなものでした。

しかし、ソーシャルレンディングでは多数の出資者を募ることで、
リスクを最大限減らすことが可能となっています。

 

リスクについては匿名組合方式を採用することで、
元本以上の損益を出さない仕組みが導入されています。

また、リスクを減らす取り組みとして、不動産などの担保を設定する投資会社も少なくありません。

 

投資については多くがリスクマネージメントに注目が集まりやすいですが、
社会に還元する投資を求める方も増えてきています。

社会に還元するという意味では新興国の事業であったり、中小企業支援があります。
特に中小企業の支援については、社債などを組み合わせた投資商品を販売することで
銀行からの融資の代わりに融資を行うこともよくあります。

 

事業性の高い投資はリスクもありますが、
しっかりとした事前チェックで大幅に下げることが可能です。

また、不動産投資の場合は『みんなのクレジット』が行っているように
安定志向の投資もうまれてきています。

 

市場を活気づけられる理由

投資市場は投資家の数によって変わってきています。

資金量は確かに少ない個人投資家が多いですが、
投資家の数が増えることで他の投資手法も含めて活気づいています。

 

大投資家も重要ですが、数が多くなれば情報も増え、市場全体を明るく、
活気づけることが可能となっています。

 

また、投資家が増えていることで、
株やFXなども含めた全体が明るくなっています。

市場がしっかりと発展すれば投資対象が広がります。
金融機関がサポートしないような企業にも光を当てることができますし、
個人ローンにも対応し、新規事業を誰でもおこせるようになってきています。

 

また、従来からある不動産投資などについては、
新たに個人投資家が参入しやすいように小口投資を可能とすることで投資を活発にしています。

不動産投資の場合、安定した利回りが期待できるので人気があります。
不動産投資による利回りは定期預金よりも数段高いものであり、
運用期間が自由に設定できることが多いことから、
投資家それぞれのスタイルに合わせて投資商品を選ぶことが可能な点も魅力の一つです。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事