01

ソーシャルレンディング各社の出金手数料を比較してみました

自分自身の手で一生懸命稼いだお金は、賢く運用するのが、現代において正しい方法だとされています。年金や保険といった制度に甘えているだけでは、将来が不安になってしまいます。より安定した生活を末永く送っていくためには、今、この瞬間から投資スキルを磨いていくのもオススメです。

投資と聞くと、最初のハードルが高いと感じる方も多いかもしれませんが、現実はそうとも限りません。今回は、今話題の投資手法、ソーシャルレンディングの会社を選ぶ際に比較のポイントとなる出金手数料について紹介していきます。

出金にかかる手数料とはそもそもどんなお金なのか

ソーシャルレンディングに挑戦したいと思ったときに、まず必要となるのが専用の口座です。投資をしたい方は、まずこの口座に資金を入れて、投資したい案件にお金を移していくことになります。ここで重要なのが、ソーシャルレンディングのサービスを提供している運用会社は数多く存在するということです。

利用者は、それぞれの特徴を踏まえたうえで、自分にとってメリットの大きい会社を選ぶ必要があります。比較検討のポイントの一つとなるのが出金手数料です。出金手数料とは、自分のお金を口座から出金する際にかかる費用のことで、出し入れ回数が多い際には利用者の負担も大きくなってしまいます。

この投資手法は、少額でしかも短期間からの運用が可能という点が、大きな魅力となり、投資初心者をも惹きつけています。しかしそれは同時に、一度に手に入れられるリターンは、比較的少額になりがちということでもあります。もちろん何度も投資を繰り返していれば、口座にお金を貯めていくことが可能です。

しかし利益が出るたびに出金しようと思うと、せっかくの利益が、出金する際の手数料で相殺されてしまう可能性もあるのです。これでは投資をする意味は薄くなってしまいますし、楽しみも半減してしまうでしょう。この手数料は運用会社ごとに決められており、それぞれで金額が異なります。また手数料を安くするポイントについても、各社で異なっています。欠かさずにチェックしておきましょう。

各社の手数料ランキングを紹介

各社の出金にかかわる手数料は、それぞれのサイトをチェックすることで簡単にチェックできます。しかし、それが面倒くさいと感じる方も多いでしょう。

そこで今回は、主要4社に関して、それぞれの手数料をランキング形式で紹介していきます。今回主要4社として比較対象にするのは『みんなのクレジット』、『ラッキーバンク』、『クラウドクレジット』と『SBIソーシャルレンディング』です。この中の『ラッキーバンク』、『クラウドクレジット』、『ソーシャルレンディング』の3社は、無料でお金を引き出す方法が用意されています。『SBIソーシャルレンディング』では、出金する際に420円の事務手数料が徴収されていましたが、2016年12月より無料化されました。

サービスがより使いやすくなったとして、投資家たちの人気を集めています。『ラッキーバンク』は、会社が手数料を負担して、投資家の他銀行口座へと振り込みをしてくれます。『クラウドクレジット』も同じように手数料無料をうたっていますが、こちらは「月に一回まで」という制限があります。

それ以上、出金する場合には手数料が必要となるので、注意してください。これら3社にランキングをつけるとしたら、1位は手数料無料、回数制限なしの『ラッキーバンク』、2位は2016年12月にサービス改善を発表した『SBIソーシャルレンディング』、そして3位が『クラウドクレジット』となります。最後の4位については、次の項目で詳しくお伝えしていきます。

出金手数料がかかるから、全部駄目なのか

主要4社のうち、ランキング3位までを前項目で紹介しました。残るは1社、『みんなのクレジット』となります。こちらの会社は出金手数料を設定しており、三井住友銀行東京第一支店宛てであれば、3万円未満・108円、3万円以上・216円と設定されています。

三井住友銀行他支店宛ての場合には、3万円未満・216円、3万円以上・432円です。他行宛ての場合はさらに高く、3万円未満・540円、3万円以上・756円となっています。

決して安いとは言えないコストですから、もしこちらのサービスを利用する場合には、三井住友銀行口座が必須と考えて良さそうです。ここまで紹介すると、「じゃあランキング上位から選ぼう」と考えがちですが、それは少々もったいないことかもしれません。

『みんなのクレジット』は確かに出金手数料だけを見ると、他サービスに後れを取りがちです。しかしそれ以上にメリットも多々あるからです。たとえば、豊富なキャッシュバックキャンペーンが用意されていたり、2016年にサービス運用開始された新しい会社でありながら、あっという間に確かな実績を築き上げていたり、これまでに元本割れした案件がないという安心感があったりと、オススメできるポイントは多数あります。

出金に関わる手数料は、自身の工夫次第で節約することも充分可能です。投資の目的を考えれば、まずは資産を増やすということが第一目標となるはずです。手数料にも注目しつつ、その他の面も重視して、利用する会社を選んでみてください。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事