0

ソーシャルレンディング各社のリスクが低い案件の傾向比較

ソーシャルレンディングは、
タイムリーな資金調達を可能にし、
事業者の運転資金や企業資金集めを助けます。

それとともに小口の投資家に対しても、投資機会を与えてくれる投資手段です。
大きな資金が必要であったり、
ハイリスクな他の投資に比べて、
ローリスク・ミドルリターンの投資となり、利用しやすいのが特徴です。

各社、特徴のある形態で
サービスを展開していますが、特徴を考慮の上、賢く投資会社を選択することが肝要です。

話題のソーシャルレンディングの特徴

新規事業の立ち上げや、運転資金のための一時的に、
資金を調達する必要が発生する場合があります。

総量規制やその他、金融業界の決まりや事情によって、借りたい人が
必要な融資を受けることができない事情が有り得ます。

金融業者がお金を集めて、個人に融資するスタイルから、
個人が個人にお金を直接投資することを可能にする仕組みが構築されています。

ソーシャルレンディングと呼ばれるサービスは、
クラウドファンディングの金融型のシステムであり、
一時的な資金調達のニーズを満たすとともに、
小口投資家の参加を可能します。

有望な資産運用の手段となり得るFXや株式投資は
ハイリスク・ハイリターンに対して、
このサービスはローリスクミドルリターンであり参入のしやすさに特徴があります。

さらに利回りの高さが魅力であり、多くの投資家に注目されてきています。
不動産投資のように、桁違いの資金と用意する必要もなく利用のしやすさが、投資家に支持されています。

一般の層に認知されつつあり、比較的、気軽に投資に参加することができるようになってきています。

サービスを取り扱う会社も増えてきており、
それぞれ利回り、投資期間、保証内容など付帯する条件に違いや特色があります。

安全であるといっても、100%安全であるとは言えず、
元本割れや貸し倒れによる損失を無視するわけにはいきません。
この金融システムの特徴を知った上で、納得の上で取扱い会社を選ぶことをお勧めします。

サービス提供会社の各社比較

比較ポイントは利回り、運用期間などに
注目が集まりがちですが、貸し倒れリスクにも注意したいところです。

それぞれ取扱い会社によって、条件が異なるからです。
担保や保証の有無も併せてチェックすると良いでしょう。
ラッキーバンク』の利回りは6%超えで高く、
全ての案件について担保が設定されています。

利回りの良さから見るとトップクラスです。
付帯する担保は不動産であり、安心して利用できると評価されています。
『ラッキーバンク』は、初心者が参加を検討する際においても、ハードルが低く始めやすい特徴を備えています。

最低投資額が1万円ですので、気軽さという点も評価されている理由の一つです。
クラウドクレジット』は2013年に開始された以降、急成長を果たした会社です。
海外に特化しており、分散投資を指向する投資家のニーズに合致しています。

積極的なセミナーの開催により、認知度を高めてきておりメディアにも取り上げられることで、顧客数を増やしてきています。

SBIソーシャルレンディング』は業界大手のSBIグループが運営しており、ブランドの信用があります。

『SBIソーシャルレンディング』は証券担保型と不動産担保型の2種類が用意されています。
上記の『ラッキーバンク』『クラウドクレジット』『SBIソーシャルレンディング』は比較的、老舗の部類です。

みんなのクレジット』は、2016年に出来た会社ですので、後発という
位置づけでありながら、高利回り、保証付きで安全な投資手段
提供によって、急激にシェアを増やしてきています。

キャンペーン、キャッシュバック等、
積極的な販促活動も功を奏しています。

従来の会社の長所をうまく取り込むとともに、
利回り良さから利用者が拡大してきています。
このうちお勧めの会社を以降に詳しく見ていきます。

後発ながら伸びている会社は白石伸生氏が代表

みんなのクレジット』は、投資手法の新しい形を提供してくれます。
借りたくても借りることができない事業者向けに、タイムリー資金調達ができる手段を提供してくれます。

投資家の間で注目されている理由には、
10万円から投資できるハードルの低さや、平均利回りは7%を超えるリターンを挙げることができます。

他の会社に比べると最低入金額が高めの設定となっていますが、
高利回りであり、担保設定により安全な投資対象であると評価されています。

代表取締役である白石伸生氏が進める金融システムの仕組みとは、
新しい投資手段を提供する『みんなのクレジット』は、
社長が2016年4月より開始した、金融型のクラウドファンディングの一つであり、
ソーシャルレンディングと呼称されています。

タイムリーに融資を希望する事業者と投資家を、
インターネット上の金融システムで結びつける話題の会社の一つです。

出来たばかりの会社であり、
業界内においても後発でありながら、急激に業績を伸ばしており注目されています。
短期間で口座開設数、入金額を実現できた理由のひとつに、
融資額の120%に相当する担保を設定、高利回りを実現する仕組みを導入している点が挙げられます。

株式市場や為替が一時的な外的要因による大きく変動するリスクにさらされている中で、
白石伸生社長が提供する新しい金融システムは、安定した運用ができる点が評価されています。
一般投資家から評価された事により、後発の会社でありながら、
短期間が多くの参加者を得ることができ、認知度が上がってきており注目されてきています。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事