minneapolis-14043_960_720

ソーシャルレンディング各社の「上場している株式会社」の割合比較

お金を貸すときには金利をつけます。
多くの事業でお金を求めていて、個人でその融資に参加できます。
それを仲介している業者を選ぶ必要があります。
利回りを高めに設定している業者であれば、その分大きく資産を増やせる可能性があります。

10パーセント以上の案件を多く持つところもあれば、5パーセントの案件が中心の所もあります。
融資では安全性が大事になります。
きちんと担保を取っているところもあれば、為替のリスクが気になるところもあります。

期待利回りが高い業者を選択する

投資をするとき、銀行や証券会社を利用します。
その時はどこでもいいから利用するわけではありません。
同じようなサービスを複数会社が提供しているなら、それぞれの会社から選択する必要があります。

もちろん複数の会社を
利用しても良いでしょうが、効率を考えると一つの会社で行った方が良いケースがあります。
ソーシャルレンディングは、新しい投資方法としてよく知られています。

提供する株式会社の中で
比較をするとき、利回りがどれくらい高くなっているかを見る必要があるでしょう。
最も高く設定してくれているのが『みんなのクレジット』になります。
10パーセントを超える案件を多く持っているので、大きく利益を増やせる可能性があります。

『ラッキーバンク』は、最高で
10パーセント程度になりますが、安定した利回りを期待できます。

『クラウドクレジット』は10パーセントを超える案件もありますが、それほど多くありません。
海外への投資があるので、リスクを考えながら投資をする必要があります。

『SBIソーシャルレンディング』は、あまり利回りは高くありません。
高くても6パーセントから7パーセント程度なので、
大きく増やしたい場合には少し魅力が薄れるかもしれません。

仕組みとしてはどの業者もある程度似ています。
通常の金融機関を通さずにお金の仲介をしてくれるサービスです。

その中で利回りが高い仕組みを
維持してくれるところなら、将来的にも
大きく資産を増やせる可能性を秘めているといえるでしょう。

リスクを減らした投資を行えるか

元本を守るのは投資では重要なポイントになります。
銀行預金では元本が守られていますが、株式投資や投資信託となると元本保証はありません。
投資信託などでは、実質的に
元本保証してくれる商品があるので選ぶこともありますが、その分あまり高い利回りは期待できません。

その他の投資もいろいろ見ていくとよいでしょう。
新しい投資の種類として、ソーシャルレンディングがあります。
既に複数の株式会社から
サービスが提供されているので、利用時には各社を比較しなければいけません。
投資側はお金を貸す立場になるので、いかに投資先が安全かになります。

安心して投資ができる業者として『みんなのクレジット』があります。
こちらが用意する案件では、不動産担保や代表者保証を確保するのが設定の条件になっています。
万が一返済できなくても、担保があるので元本割れがしにくくなります。

『ラッキーバンク』は不動産投資案件を中心にしていて、不動産担保を確保しながら設定されています。
『クラウドクレジット』は海外への案件が多く、為替変動の不安があります。
ただ為替ヘッジされている案件であれば、為替による損失を考えなくて済みます。

『SBIソーシャルレンディング』は大手金融グループであるSBIグループが行っていることから人気があります。
他社よりも大きな案件が多い一方で、リスクがあるかどうかははっきりしないことがあります。
ただ、金融グループがもつ与信能力はそれなりに高いといえるでしょう。

キャッシュバックなどの魅力がある会社

金融機関には、口座を開設した時に一定のキャンペーンを受けられるケースがあります。
それを狙って口座開設だけでもしてみようと考える人もいるでしょう。
多くは口座開設した時点で恩恵が終わるので、そのまま利用しないこともあるでしょう。
それは非常にもったいないです。

ソーシャルレンディングは、事業などが必要とする融資に投資できるサービスです。
直接的な融資に関われるので、大きな利回りが期待できるのが特徴です。
利用する時には提供する株式会社から選択をします。
業者によって利回りが提示されているので、まずは高いところを選びましょう。
さらには、案件ごとのキャンペーンがあるか比較してみましょう。

『みんなのクレジット』の場合、案件ごとにキャンペーンが付けられています。
キャッシュバックをしてくれるものが多く、一定額投資をするといくら受けられるなどと決まっています。

キャッシュバックは本来の投資契約とは別なので、配当金とは別に受けられます。
元々利回りが高いですが、さらに高い利回りで運用ができます。

『ラッキーバンク』の良い点は毎月分配にしているなどです。
ただ、キャッシュバックなどを積極的に行っているわけではありません。

『クラウドクレジット』では一部にキャンペーンが設定されていて、選ぶことが出来ます。
すべてに設定されているわけではありません。

『SBIソーシャルレンディング』
キャッシュバックなどはあまりなく、利回りのみを期待して投資をします。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事