leaves-79991_960_720

ソーシャルレンディング会社の出資企業を比較

ソーシャルレンディングを始めるときには、まずどこで自身の口座を開設するのかが重要となります。サービス運営企業選びは、投資成功のための大切な一歩だと言えるでしょう。

比較するポイントは様々だからこそ、投資初心者にとっては、情報が分かりづらく混乱してしまうこともあります。今回は運営企業の安全性の高さをチェックするため、著名な運営会社4つについて、どこからの出資を受けているのか調査してみました。

今選ぶべき会社は、どこなのでしょうか。

出資している企業を調べる意味について

ソーシャルレンディング運営企業に出資している企業はどこなのか。この情報は、会社全体の安全性を確かめる上で有効だとされています。

大きな会社や信頼度の高い会社からの出資を受けているということは、いわば「お墨付き」を与えられているということ。コンプライアンスや扱っているローン案件の安全性など、企業としての体質に関わる点が、最低限保証されているということにもつながるでしょう。

日本では、まだまだ新しい投資手法の一つであり、制度が追い付いていないという点も多々あります。たとえば、今の日本では、投資家が融資先の詳しい情報を確認することはできません。

自分自身の大切なお金を融資するわけですから、たとえ少額であっても、経営状態が良いところに貸したいと思うのは当然だと言えるでしょう。しかしこれは不可能で、融資先に関する情報収集や案件の選定は、業者に任せるしかないという現実があります。現時点で、「信頼できる会社選び」は「信頼できる案件選び」にもダイレクトに関わってきます。

特に投資を始める最初のときには、どこで口座を開設し、メインで使っていくことになるのかは、慎重に選ぶ必要があります。会社それぞれの情報は、比較サイトの他、それぞれの公式サイトにも掲載されています。

「わざわざ情報を集めるのは面倒だな」と思わず、投資成功のための第一歩と考えて、しっかりと比較検討するのがオススメです。次の項目では、それぞれの情報をまとめて紹介していきます。

実際にどこが出資しているのか

それぞれの企業の安全性を確かめることの重要性がわかったところで、著名な4社について、それぞれの出資企業に関する情報をまとめていきます。今回紹介するのは、『SBIソーシャルレンディング』『クラウドクレジット』『ラッキーバンク』『みんなのクレジット』です。まず『SBIソーシャルレンディング』ですが、こちらはネット証券やネット銀行、さらにはSBI損保などで有名な、SBIグループの一員です。

出資している企業も、もちろんSBIグループで、割合は100%です。『SBIソーシャルレンディング』は、大手グループならではの強みを存分に生かした経営をしており、安全性もアピールしています。

実際に『SBIソーシャルレンディング』サイトを覗いてみると、グループ企業の証券を担保にしたローン案件も多数あります。大手としての安心感があります。次は海外のローン案件も積極的に手掛ける『クラウドクレジット』です。こちらに出資しているのは、伊藤忠商事株式会社や株式会社GCIキャピタルなどです。

中でも伊藤忠商事は、出資先の選定に厳しいことで知られています。伊藤忠商事が出資しているということは、求められる基準をクリアしているということで、信頼の証と考える投資家も多くいます。

反対に『ラッキーバンク』は企業からの出資はなく、個人の資産家が出資されているそうです。『みんなのクレジット』に出資しているのは株式会社ブルーウォールジャパンで、運営企業の親会社でもあります。2016年10月には増資も発表され、注目を集めました。

出資している企業からわかること、オススメは

それぞれの出資企業についてみてみると、それぞれの企業の体質や性質についても見えてきます。もちろんこれらの特徴は、扱うローン案件にも関わってくる問題ですから、チェックしておいて損はありません。

今回紹介したのは、近年、投資家たちの間でも人気が高い4社ですが、出資企業に関する状況は、それぞれで異なっています。「では結局、どこを選べばよいのか」ということになりますが、今もっともオススメしたいのは『みんなのクレジット』です。

こちらの企業は、親会社である株式会社ブルーウォールジャパンから出資を受けています。この株式会社ブルーウォールジャパンは、ソーシャルレンディング以外にも不動産開発事業人工知能の開発など、多方面で注目されている企業でもあります。今後はAIを用いた自動融資システムの開発なども目標にしているとのこと。

今後の活躍がますます期待できる会社と言って良いでしょう。2016年には増資も発表され、親会社としても子会社の経営に力を注いでいると考えられます。増資された資金は、システム増強や販売促進のために使われるということですから、投資家にとっても、より投資がしやすい環境ができることでしょう。

キャッシュバックキャンペーンに定評がある同社ですから、これから始める方にとっても、魅力が高いと言えそうです。今回は出資企業から、それぞれの運営企業の特徴を見てきました。自分自身の投資スタイルに合う企業を選んでみてください。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事