dollar-213619_640

ソーシャルレンディングを使って資産運用しまくるオレの話・・・

注目のソーシャルレンディングをご存知でしょうか

 

資産運用というとFX等を想像しがちですが、
ソーシャルレンディングは、厳密には投資とは違う資産運用です。

 

ベンチャー企業や中小企業が資金調達の手段として、
インターネットを通じての資金調達を行う、新しい投資方法です。

投資家は企業への貸付という形になります。

 

資金出資者が、成長が望める企業に対して貸付を行い、
金利として配当を受ける形です。

 

ソーシャルレンディングが増加してきた背景には、
銀行の貸し渋りや
株式市場への上場の審査基準が厳しくなっていることが上げられます。

 

通常、企業経営者が資金調達を実施するには、
銀行等に融資を依頼するものですが、
銀行等の金融機関の場合には、担保や連帯保証人など非常に審査が厳しいものです。

審査に時間が掛かっていては、事業資金を円滑に調達することは難しい。

 

株式市場に上場できれば、全国の投資家から運営資金を調達できるのですが、
設立間もないベンチャーや中小企業が株式上場など出来るわけはありません。

最近、注目されているソーシャルレンディングは、
銀行と株式市場の仕組みを合わせて利用しやすくしたものです。

 

株式上場をしなくてもインターネットを通じて投資家から
資金を借入が出来るようにした仕組みです。

投資では無く、お金を貸すものですから、投資より安心です。

 

いくら成長を見込める企業でも、なかなか出資する気分にはなれないものです。

でも、企業にお金を貸付、毎月金利を得るのであれば、
貸しても良い気分になるものです。

 

株式市場に上場している企業は
世間一般的にも先進的なビジネスモデルとして
見込まれている安定した企業ではありますが、
逆に標準的すぎる嫌いもあるものです。

 

ソーシャルレンディング市場に存在している企業は、
ベンチャー企業や中小企業です。

世間一般的には標準的なサービスでは無くても、
上場できるようなものでは無くても、
成長が見込める企業は世の中にはたくさんあるものです。

 

ソーシャルレンディングが注目されている理由は、そこにあるのです。

株式市場に上場している企業銘柄より、
もっと柔軟なビジネスモデルの企業がたくさんあり、
投資家も自分の分析力で稼ぐことが可能だからです。

 

ハイリスクハイリターンですが、
自分の企業分析力が高ければ稼げることがソーシャルレンディングの魅力です。

世の中には小さな会社でも価値のある会社はたくさんあります。

 

それを見つけ投資することで大きなお金を得る。
それがソーシャルレンディングの人気の理由です。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事