trend-1445464_640

ソーシャルレンディングは少額から投資可能!株のように一定資金の必要なし

投資はある程度の資金が必要ですが、株やFXの場合は特に資金量が重要になってきます。

しかし、一般投資家の多くは資金量が少なく、
株などの取引では数をこなすことができず、
利益があまり上がっていないケースも多いようです。

そこで注目されてきているのがソーシャルレンディングです。
この手法は新しい方法であり、高利回りが魅力 です。

 

ソーシャルレンディングが注目される理由

投資には資金が必要です。
しかし、資金が少なくても始められるのがソーシャルレンディングです。

この方法は従来の投資とは違って投資をインターネット上から広く集める方法です。
一口あたり10万円程度から始められ、1ヶ月単位で期間を設定できるのが魅力です。

このような出資はクラウドファンディングで行われてきた方法ですが、
融資した金額の返済分から毎月利益が還元されるので、
クラウドファンディングよりも短期で利益にできます。

 

また、基本的に返済からリターンされるので現金で利益を得られます

出資期間についても多くの商品が数年単位であるのに対し、
1ヶ月単位で出資できるのも魅力です。

この短期間、少額出資はリスク分散の意味合いも大きく、
特に個人で出資する場合に重要になっています。

 

ソーシャルレンディングはインターネット上で誰でも出資可能なシステムです。
扱われる商材は不動産から新興企業の事業までさまざまです。

多くが社会的に求められている対象であることが多く、
金融機関がサポートしなかった企業も多数登場しています。

 

金融商品としての考え方

金融商品はリスクがあります。
ソーシャルレンディングもリスクは0ではありません。
扱い商品によってはかなりの危険性が予想される場合もあります。

しかし、リスクが高くてもそれを大勢の出資者でサポートすることで
個々のリスクを下げる努力が行われています。

 

出資者を集めるためには出資額と返済期間が大事です。
出資額については一般的に100万円を超えるケースも多い中、
数万円や10万円程度から始められる商品が多くなっています。

 

特に不動産については『みんなのクレジット』のように、
10万円から始められるのは従来の投資商品からはありえない金額です。

また、数年単位での出資が多い中、
1ヶ月単位で設定できるので自分のスタイルに合わせて出資可能です。

短期間出資は利益が少ないと考えがちですが、出資額、期間によらず、
利益率が一定なのも嬉しいところです。

 

たくさんの商品があり、リスクもさまざまですから資産を分散すること、
また、期間もばらばらにすることでリスクを大幅に下げることができると期待されており、
出資者も増加傾向が続いています。

 

ソーシャルレンディングがおすすめの理由

さまざまな商品があるなかで選ぶ理由は安全性と出資額の少なさです。
どのような場合でもリスク0はありえないのですが、
この手法の場合はリスクを極力減らす努力がされています。

 

もっとも特徴としてあるのが匿名組合方式であることが多いことです。
従来の方式や株やFX等の場合は追加出資が必要ケースもありますが、
この手法では出資した金額以上のリスクはありません。

責任範囲が設定されるかどうかは安心感がまったく違います。
また、出資額が10万円程度からなのも好評な点です。

定期預金並の出資額でリターンが10%を超える高い利回りを示す場合が多いからです。

 

リターンについては事前の調査によって決められますが、
不動産事業のように安定性の高い事業においても高い利回りとなっているケースが多くなっています。

これは『みんなのクレジット』のように、経験値が高い事業主が出資を募るケースが多いからです。
従来の投資も行われてきていますが、スピード感のある事業をするためにあえてこの手法を取り入れ、
多数の出資を受け入れる会社がふえてきています。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事