write-593333_640

ソーシャルレンディングはネットだけで資産運用が可能です

ソーシャルレンディングによる資産運用をする人が増えています。

ネットを使った貸付型クラウドファンディングによる
事業資金の調達をする企業が増えています。

銀行の貸し渋りが横行し、直接の資金調達を行わないと、
企業も運営資金の調達が難しくなってきているからです。

ソーシャルレンディングはネットを使い、貸付を行いたい投資家の方と、
資金調達を望んでいる企業を結びつける新しい資金調達の方法です。

株式投資とは違い、金銭消費貸借契約になりますので、
投資家もリスクが少なく安心して出資ができるものです。

株式市場に上場を行うのは簡単ではありありません。

銀行からの融資が難しいから、
株式市場に上場して一般からの公募をしようと考えても、
現実的には難しいものです。

そこで、一昔前は投資事業組合を組成して、自社の未公開株をファンド化して、
一般向けに未公開株を発行しての資金調達を行っていたのですが、
投資家の立場からすれば、未上場の企業への未公開株の投資はリスクのあるもので、
なかなか投資をする人が見つからなかったのです。


そういう背景をもとに、ソーシャルレンディングは誕生しています。
株式への投資では無く、企業への金銭の貸付という形式での出資ですので、
投資家も安心して出資ができるのです。

ソーシャルレンディングの場合には、上場をすることも無く、
一般の投資家から資金調達が可能ですので、
立ち上げたばかりのベンチャーも資金を集めやすくなるのです。

ネットを通じて、一般から資金の公募を行う形式ですので、
自社のビジネスモデルや先進性を一般の投資家にアピールを続けていけば、
自社への信用が高まり、ひいては営業規模も、資金調達額も大きくなるという、
株式市場に変わる理想的な資金調達の手段として
ソーシャルレンディングは急速に認知されてきています。

まだ、誕生して10年も経たない、新しい資金調達の手段ですが、
ベンチャー企業を中心に採用する企業は増えています。

大学卒業後に起業する場合には、銀行など相手にはしてくれません。

未公開株を投資事業組合に組成して資金調達するのも、
上場など考えている段階ではありませんから現実的ではありません。

企業の成長と共に、資金調達額が増加していくソーシャルレンディングは、
ネットベンチャーの時代に即した資金調達方法なのです。


若い起業家にも多くのチャンスがあり、
投資家も貸付という形で安心して出資が可能な
クラウドファンディングの利用は今後も増えていくでしょう。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事