gold-207585_1280

ソーシャルレンディングは、「運用期間1ヶ月」で利回りやリスクをテストできる

巷では、ソーシャルレンディングという言葉が、
ぼちぼち耳目を集めるようになった。

 

あなたも、本サイトの記事や、
あるいは、
いくらネット上の情報から、

ソーシャルレンディングは管理が楽で、高利回り

だと言われていても、
本当かと不安になる方も多いだろう。

 

そんな方々には、
まずは「運用期間1ヶ月のファンド」に投資してみるとよい。
簡単に儲けることができるソーシャルレンディングを体感してほしいのだ。

 

そして現在、主要サービスどころで
「運用期間1ヶ月」のファンドを出しているのは、
みんなのクレジット』だけ。

 

このファンドの詳細をお伝えしよう。

案件名は「不動産事業ローンファンド8号」。

 

5月14日(土)に募集が開始されたばかりの新しい案件だ。
募集期間は10日間だから、募集終了は24日(火)。

投資可能金額は、1,510万円とやや少額に思えるが、
昨日公開されたばかりのため、現時点での「集まった金額」は0円。

 

そんな訳で、
資金投下はまだ間に合う。
投資可能最低金額は、いつも通り10万円だから、
資金的ハードルも高くはない。

 

そして、気になる運用利回りは3.00%ということだ。
みんなのクレジット』の他案件と比較すれば、
物足りない利率に思えるかもしれないが、
競合他社の利率と比べれば、大差はない。

 

ソーシャルレンディングの投資運用を始めるならば
「みんなのクレジット」一択

半信半疑のまま、
「運用期間14ヶ月、予定運用利回り2.8〜4.3%(SBIソーシャルレンディングで現在募集中のファンド)」
に投資するより、

まずは1ヶ月、『みんなのクレジット』で
ソーシャルレンディングでの資産運用を体感してみるのがよい。

 

HPに掲載されている借り手・事業者の担当者のコメントでは、
以下のようなことが語られていた。

「今回の借り手の事業は収益性が高く、
この募集は開発用不動産の仕入れ資金の一部としての取り組みです。
安全性に配慮しつつ、高利回りで募集させていただきます」

 

ソーシャルレンディングは預金ではないため、
もちろん利回りや元本の保証はないが、
案件担当者からの上記のようなコメントは安心感を抱かせてくれる。

 

ソーシャルレンディング初投資は
『みんなのクレジット・不動産事業ローンファンド8号』で
申し分ないはずだ。

また、『みんなのクレジット』の担当者からのコメントの紹介ついでに
私自身が個人的に考える、
他社にはあまり感じない『みんなのクレジット』の魅力をお伝えしたい。

 

それは・・・

みんなのクレジット』のサービスは、
“人のぬくもりを感じることができる”ということ。

 

案件ごとに書かれている
「担当者からのコメント」はもちろんのこと、
メールマガジンからも、それが感じられる。

先日配信されたメルマガを紹介しよう。

メルマガ画像
 

会員からの指摘や不満を真摯に受け止め、
改善してくれるだけでなく、
会員全員が目を通すメルマガで、
これ以上の誤解を生じさせないように
しっかり説明してくれる。

 

こういうところには、投資家たちへの細かな配慮を感じることができるし、
自分の要望にも耳を傾けてくれる気がして、
みんなのクレジット』との関わりに能動的になる。

 

やはり、大事な資産を運用してもらう会社との信頼関係は大切であるから、
運営サイドの人を感じられる『みんなのクレジット』は、
投資の仲介者として、高く評価できる。

 

新たな投資を考える方々には、
みんなのクレジット』を絶対的にオススメしたい。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事