fa1f6e6b8e7da5eb17df9c9d07014828_s

ソーシャルレンディングの利回りの特徴

ソーシャルレンディングは、高利回りなのが特徴です。

ハイリスクな商品ですからリターンも高いものです。

株式市場に上場している銘柄とは違い、
未上場の有望な企業に対して投資を粉うのですから当然と言えば当然です。


企業側も、銀行や株式市場を通じて資金調達が出来るためメリットは大きいものです。
銀行の貸し渋りや上場審査基準が厳しくなってきたことを背景に
ソーシャルレンディングを用いての資金調達を行う企業は増えています。

ベンチャー企業や中小企業の場合には、実績や信用も無いですから、
銀行に融資を依頼するのも難しいものです。


現実的に、担保や連帯保証人のある企業はそうはありません。
もちろん、上場などは出来るはずもないです。

ソーシャルレンディングを利用して世間の投資家から資金調達を行うことで、
革新的なビジネスモデルはあるが、
実績や信用の無いベンチャー企業や中小企業でも資金調達を行うことが可能になります。


投資家の方も出資では無く、
金銭消費貸借という分かりやすさが人気になっている理由でもあります。

仕組み的には、ハンズオフ型のベンチャーキャピタルに似てはいますが、
投資では無く金銭の貸付という点が違うのです。

自分で有望な企業の経営分析を実施し、
将来性に対して投資と育成を実施するというソーシャルレンディングは、
自分の力に自信のある投資家には、ハイリターンが得れる良い投資商品なのです。


高い利回りを得るのが特徴ではありますが、それだけリスクも多いのも事実ではあります。

ソーシャルレンディングは、一般的な金融商品とは違うため、
営業マンが詳細な説明を行うことが必要です。

事業モデルについて懇切丁寧に説明を行い、
貸付を行う投資家に同意を得ることが大切だからです。

資金調達をインターネットを通じて円滑に行うことが可能なソーシャルレンディングは、
小さな企業にとっては非常に有効な資金調達の手段として浸透してきているのです。

高い金利を得るには、
高い収益を上げる将来有望な事業を見つけて貸付を行うという単純さが、
逆にソーシャルレンディングが好まれてきている理由でもあるのです。


銀行でも株式市場でも無い、新たな資金調達方法のソーシャルレンディングは、
これからもベンチャー企業を中心に利用する企業は増えていくでしょう。

投資家にとっても、どういう運用をしているか不透明なファンドより、
自分が将来有望な企業を分析して金銭を貸し付けるほうが安心なものです。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事