laptop-820274_640

ソーシャルレンディングの保証会社付きのファンドで想定されるリスクとは

ソーシャルレンディングという新しい投資方法が注目されています。
インターネットを通じて、投資したい人と融資を受けたい人を結びつけるサービスです。

高利回りの案件が多い点や投資スタイルが多様な点など、
投資側のメリットがとても多いです。

一方で、元本保証でないという点もあります。

最近では保証会社が付いている案件が出始めていますが、
そこには注意すべき点もあります。


リスク分散方法


ソーシャルレンディングでは、
銀行などのように預金によって集められた資金が融資に繋がるのではなく、
ソーシャルレンディング会社を経由して直接出資するシステムになります。

銀行の場合は、
貸し倒れた際の損害は銀行が負います、預金している人には、
もともと保証された金利が支払われる仕組みです。

大きな利益は、大きなリスクを負う銀行が得るという構図は納得できます。
一方で、ソーシャルレンディングでは、貸し倒れた際の損害は投資側が負います。

その分安い手数料での運用が可能であり、利益は投資側へ還元されるため、
銀行預金での金利よりも圧倒的に利益を得ることができるのです。

このような中でも、リスクを抑えコントロールする仕組みがしっかり存在します。
この新しい投資方法ならではの特徴として、少額投資と分散投資が可能だという点です。

例えば、100万円の投資だとしても、
1口5万円を異なるファンドに分散させて投資をすることで、
万が一貸し倒れが生じた場合の損害を最小にとどめることができます。

借り手側が比較的少額を借りたい場合は、
複数の借り手をまとめたファンドを作ることもあります。

これにより、返済できない企業が出たとしても、利回りが下がることは生じますが、
元本割れのような事態は起こりにくいのです。


保証会社付きファンドの仕組み


ソーシャルレンディングで次々と新たな案件が出てくる中、
より安定的だと思わせるような案件には注目が集まりやすいです。

その中で、保証会社付きファンドが増えています。

この仕組みは、運営会社に保証会社が付くというものです。
その保証会社とは、借り手側がお金を返せなくなってしまった時に、
代わりにお金を回収してくれるのです。

従来通り、投資したい人は運営会社を通じて借り手側にお金を貸します。

借り手側は元本と一緒に返済金利を支払うのですが、
その金利の一部が保証会社にも支払われます。

これにより投資側への利回りが下がってしまうことは、やむをえません。
保証会社付きファンドだからといっても、確実に安心できるというものではありません。

運営会社と保証会社の営業状況が、ともに信用できるかということが重要です。

どちらかが破たんしてしまうと、投資したお金が戻ってこなくなるというリスクも当然あります。

まだ運用開始から日が浅いため、保証会社に対する信用も未知数な部分があります。

ある金額では保証できても、金額によっては保証しきれなくなるのでは、
と危惧される点も理解しておかなければなりません。


さまざまなリスクを理解しての運用が大切


個人の大切な資産運用にかかわることなので、より安心や安定性を求めるものです。
保証会社付きファンドだから安心だと、信じきってしまうのは大変危険と言えます。

何よりも、信頼できる運用会社を探すことが最も重要なのです。

その中でも『みんなのクレジット』非常におすすめできます。
その理由として、平均利回りがとても高い点、平均運用期間が短い点が挙げられます。

運用期間が短いことで、経済の変化による借り手側の経営状況が悪化するリスクが減り、
貸し倒れの発生を減らすことができます。

さらに『みんなのクレジット』では不動産に関する案件が多く、
より安定した運用が期待できます。

不動産については場所や建物が公開されていることが多く、
立地などを自分で調べることができるため、安心して選ぶことができます。

そして他の会社では行われていることが少ない中、
こちらの会社では積極的にキャンペーンを行っています。

キャンペーンを有効活用することで、より高い利回りが実現されるとあって、
非常に注目されています。

信頼できる運用会社を選び、ソーシャルレンディングの持つ特徴を生かすことで、
安定性のある運用ができると言えるのです。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事