moneybox-158346_640

ソーシャルレンディングの仕組みを徹底解説!

ソーシャルレンディングは貸付型のクラウドファンディングのことで、
ネットのクラウドファンディング会社と匿名で組合契約をして投資する。

そしてその運営会社が
資金を必要としている事業者に貸付するという仕組みになっています。

事業者が返済をすると、出資していた人達に配当金が分配されます。

この仕組みでは、
最低でも1万円から10万円という低額の出資金から
参加することができるというのがメリットで、
いろんなプロジェクトに少額ずつ出資することで
貸し倒れになってしまうリスクを減らすことができます。

金額はそのプロジェクトによって違いますが、
例えば1万円であればお小遣いの範囲内で気軽に参加することができますし、
リスクもその分低くてすみます。

ソーシャルレンディングで出資できる先には
新規事業の電力開発、不動産投資、ベンチャー企業、
海外における個人向け貸付などがあります。

そのプロジェクトがどんな内容で、
どれだけリスクがあるかによって多少の差はあるものの、
ほとんどの場合3%から10%ほど儲けが出るように設定されています。


現在ソーシャルレンディングが市場を占める割合は
なんと7割にも及び、
今後もソーシャルレンディングに参入する企業は増えていく一方であるといわれています。

よって、さらなる市場の拡大が予想されています。

ちなみに現在の日本における貸付制度では、
出資者が事業者それぞれに対して貸付をすることはできない決まりになっています。

そういう意味でもやはりクラウドファンディング会社の存在は必要不可欠です。

参加する時には、
気になるプロジェクトに、
どんなリスクがあるのかということは必ずチェックしておきましょう。

例えば何かリスクがあったとして担保は確保できるのか、
保証はあるのか、
それだけのリスクがあっても期待できる利回りはあるのか、
などは最低でもチェックしておきたい内容です。

つまりそのプロジェクトを受けても大丈夫かどうかを、
きちんと判断できる優秀なクラウドファンディング会社を選ぶのがポイントということになります。

ソーシャルレンディングを行う会社の経営をするためには、
まず金融庁へは第二種金融商品取引業者登録、
各都道府県へは貸金業者登録をする必要があるので、
そのクラウドレンディング会社が、
それらの登録を行っているかどうかはまず最初に見ておくといいです。

ただしその形態によっては、
こういう登録は不要となっている場合もありますから、
念のために運営会社に確認しておくほうが無難です。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事