skyscrapers-48858_640

ソーシャルレンディングなら低金利の融資がすぐに受けられる

ソーシャルレンディングを用いれば低金利で融資を受けることが可能です。

借り手になるのは中小企業や設立間も無いベンチャー企業が主になります。
中小企業や大学を出て立ち上げたばかりのベンチャーの場合は、
銀行からの借入を行うのが難しいものです。

銀行の場合は実績だけでは無く、担保や連帯保証人等が必要になってくるからです。

ソーシャルレンディングを用いれば、
設立間もないベンチャー企業でも短期間での資金調達をすることが可能になっています。

株式市場に上場することも無く、
一般から資金を貸付という形で公募を行うことが可能なソーシャルレンディングを利用すれば、
円滑な資金調達を実施することが可能になります。

一昔前はベンチャーキャピタルを用いての投資が一般的でしたが、
自社の未公開株を投資事業組合へファンド化し公募する形を取るにしても、
上場する予定の無い場合には意味をなし得ません。

ソーシャルレンディングでしたら、
小規模な会社でも資金調達を行いながら事業運営を実施し、
規模の拡大を図っていくことが可能になります。

投資家も高利回りの商品への投資を行うことが出来、
貸付による安定した利益を享受することが可能です。

株式への投資と違い、企業に貸付を行うという回収が確実な投資という認識が広まっていき、
投資を考える人が増えています。

誕生して10年も経ってはいないソーシャルレンディングですが、
銀行の貸し渋りや株式上場の審査基準が厳しくなっていることを背景に、
小さな会社の資金調達の手段として認知されてきています。

ソーシャルレンディングの場合は、投資家へのIR活動に似たような、
自社のブランディングやアピールを行うことで、
資金を貸し付けてくれる投資家を集うものです。

投資家を募集する活動を実施していくことは、
結果的に自社のイメージを浸透させ、売上の向上にも繋がっていくものです。

資金調達が円滑になり、事業規模も自然と拡大していくソーシャルレンディングを採用すれば、
優れたビジネスモデルはあっても
資金面で成長できなかったベンチャー企業が、成長に時間は掛からなくなっていくはずです。


資金調達で悩んでいる中小企業や立ち上げ当初のベンチャー企業の経営者と、
高利回りを求める投資家をつなぐソーシャルレンディングは、
これからも利用者は増えていくでしょう。

銀行でも株式でも無い、
新たな資金調達手段のソーシャルレンディングは
「クラウドファンディング」という新しい資金調達の概念を創出しています。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事