protection-1189877_640

ソーシャルレンディングと銀行融資の違いとは

投資にはさまざまな方法がありますが、
返済から利益を毎月出すソーシャルレンディングが注目されています。

投資といえば運用期間が終わったら利益が出る場合が多いのですが、
計画的に利益が還元されるので利用する方も増えています。

投資を受け入れる側にとっても、銀行融資よりも手軽で好評を得ており、
社会的にも必要性が増してきています。

 

銀行融資の問題点について

事業をする際に融資を募るなら銀行融資をまず考える方が多いです。
しかし、銀行融資にはいくつかの問題点があります。

1つはスピード感です。
融資額が多ければ多いほど即決されることはなく、審査が長引き事業が遅れます。

 

2つめは融資の審査です。
特に取引が少なかったりすると厳しい場合が多いです。

 

3つめは担保です。
ある程度の事業になると計画やキャッシュの状態がよくても
担保が求められることが多いのです。

 

これらの問題はソーシャルレンディングでは皆無です。

あくまでも事業と事業体の状態がチェックされ、
新規でも問題なく投資されることが多いのです。

 

また、運用期間などが決まればすぐに募集開始されますのでスピード感もあります。
これらの融資については特に中小企業で好評をえています。

 

投資の内容についても事業だけではなく、社債などに対しても可能となっており、
自由な事業資金として利用することも可能です。

従来の銀行融資とは根本的に投資方法が違うので企業の動きが活発になり、
社会にもよい影響が出ると期待されています。

 

ソーシャルレンディングがおすすめな理由

融資を受けたい場合にソーシャルレンディングが優れている点は多くありますが、
もっとも優れている違いは社会的に意義を見いだせるかです。

もちろん、銀行からの融資でも企業は活発に動けますが、
選択される企業はとても少ないのが現状です。

 

社会的な事業をしたくてもできない企業を探しだすためにこの方法は最適です。
しかも、インターネット上で幅広く出資を募りますのでリスク分散の意味でも有効です。

 

また、銀行からの融資を受けづらい方だけではなく、
不動産事業などでも有効な融資と考えられてきています。

不動産投資では『みんなのクレジット』のような経験豊富な企業も参入してきています。
融資を受けやすいのにこの方法を使う理由としては、
従来の融資と比較してスピード感の違いがもっとも指摘されることが多いです。

インターネットでの募集は魅力的な商品なら数日で埋まることもあり、
事業を進めたい企業にとってはまたとない機会と考えられています。
また、システム的にもこなれてきているので、
スピード感がさらに増してきているのも注目点です。

 

ソーシャルレンディングを使う不動産投資

不動産投資は立地や事業内容によっては銀行もすぐに融資してくれるのですが、
それでもこの投資方法を利用する
みんなのクレジット』のような企業も増えています。

 

従来の投資との違いは利益の発生タイミングです。
従来の投資では運用期間が終わった時に元本とともに利益が配分されますが、
ソーシャルレンディングでは毎月の返済から利益が配分される仕組みです。

 

しかも、出資額や運用期間はかなり自由に設定できます
個人投資家が多いこともあり、大変喜ばれている点です。

 

さらに、毎月の返済から利益が出ますが、
出資額や運用期間に応じた利回りではなく、
一定の利回りであることから投資スタイルに合わせて選択できるのも嬉しいところです。

 

各投資家が自分の投資スタイルに合わせて選択できることで、
分散投資もしやすくリスク分散も可能です。

この投資方法は金儲けだけという方も、社会に還元したいという方にも対応できます。

 

特に『みんなのクレジット』がやっている事業性の高い投資は、
利益を出しやすいだけではなく、社会で求められている投資であることが多く、
好評を得ています。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事