quality-787663_640

ソーシャルレンディングが、「投資型クラウドファンディング」と称される理由

投資がブームになっていますが、
大規模な投資案件は個人ではなかなか手が出せません。

また、小規模な投資は利益率がいまいちという方も多いようです。

そこで注目されているのがソーシャルレンディングです。

一般的な投資ではありますが、
従来の投資とは違い、銀行では相手をされにくい新興企業やベンチャーキャピタルでは
扱いが小さいが社会的に重要な投資に光を当てた投資手法です。

 

ソーシャルレンディングについて

ソーシャルレンディングは従来の株式や不動産投資などとは違って
規模が小さいことが多いですが、社会的に求められている投資であるのが特徴です。

事業が成功することで社会的に意義があるものが多く、
投資をすることで社会貢献になると考える方が多いです。

「投資型クラウドファンディング」とよく呼ばれることが多い方法でもあります。

クラウドファンディングはある目的を達成するために立ち上げ、
出資者を募ります。

出資額が一定金額を超えたら事業開始となり、
利益は事業の成功報酬からとなります。

クラウドファンディングの場合は成功報酬がモノや株であることもありますが、
投資型クラウドファンディングの場合はあくまでも金銭で還元されることとなります。

投資型クラウドファンディングは事業を達成するために出資しますが、
出資事業は個別対応です。

対して複数の投資型クラウドファンディングをまとめて商品化することもあり、
投資のスタイルは若干異なっていますが、
社会的に意義のある事業を助けるために投資をするという意味では同じです。

 

ソーシャルレンディングを運営する企業

日本ではソーシャルレンディングをサービスする企業が沢山あります。

大手投資企業が作った企業から、有志が設立した企業までいろいろです。

しかも、扱っている商品はそれぞれ個性的であり、選ぶのがとても大変です。

 

そこで投資をする際にサービスを選ぶことになります

選択の際に重要な観点としては3つほど上げる方が多いです。

 

1つは商品内容、2つめは手数料、3つめは安全性です。

理由としてもっとも指摘されることが多いのが安全性です。
投資なので安全性はそれほど高くはありませんが、少しでも高めるためにさまざまな努力が行われています。

 

その一つが不動産担保です。
事業を行う場合に不動産担保を設定することが条件になっている投資が増えています。

もちろん、担保がない商品も多数ありますが、
利益率を多少下げても担保を付けることで投資をしやすくする企業が増えています。

 

また、手数料についても企業ごとにかなりの差があります。
手数料についてはみんなのクレジットのように入金時の振込手数料以外は無料化している企業もあれば、
全てにおいて手数料がかかる場合もあり、投資スタイルに合わせて選択する必要があります。

 

みんなのクレジットが最良である理由

ソーシャルレンディングは投資ですから100%成功するとは言えません。

しかし、仕組みの上で出資金以上の損金は発生しないので
少額投資で分散させる方が増えています。

ただし、少額投資は手数料などの問題があり、難しいという方も少なくありません。

 

そこで注目されているのが みんなのクレジット です。

手数料が入金時の銀行振込料のみであり、成功報酬等も必要なく、
提示されている利益がそのまま入金されます。

さらに、各種の商品は利益率が10%を超えるものもあります。

また、出資金額が10万円程度から始められるので投資しやすい商品が多いです。

 

さらにおすすめな理由は不動産投資が多いということです。

不動産投資は成功率がとても高い投資と言われていますが、
あくまでも企業がどの程度実力があるかで決まってきます。

その点、このサービスは長年不動産投資を行ってきている経験を活かした商品展開をしており、
投資に値する商品を多数用意してくれます。

 

また、投資期間が1ヶ月程度から選べるのも嬉しい点です。

安定した利回りを求める方も短期投資で分散投資する方もうまく利用できる商品が沢山そろっています

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事