achievement-18134_640

【ソーシャルレンディングの運営会社を選ぶポイント】を成功投資家が教える!

ソーシャルレンディングは、株式投資に変わる新しい投資として急速に普及しています。

 

銀行の貸し渋りと長期金利の低迷化を背景に、
利回りの良い投資商品を求める投資家と、
効率的な資金調達の手段を求める経営者を結びつける、
新しい資金調達としてすっかり認知されたソーシャルレンディング。

 

仕組み事態は誕生から10年も経っていない新しい金融市場です。

株式市場は上場審査基準が厳しく、ベンチャーや中小企業には縁の無い世界です。

一昔前のようにベンチャーキャピタルを介して、
自社の未公開株を投資事業組合に組成してファンド化し一般に公募する形を取るにしても、
上場を目指さない場合には意味を成さない投資方法なのです。

 

ソーシャルレンディングは貸付型クラウドファンディングですので、
多くの投資家から企業は融資を受ける形になります。

 

運営会社を通じて、資金を求める中小企業と、
利回りのよい投資を探している投資家を結びつけます。

 

みんなのクレジット】は設立して3年も経たないのですが、
急成長しているソーシャルレンディング市場の拡大を背景に急速に投資家を増やしています。

低金利の金融商品が多い中、
ローンファンドの利回りは8%台を維持しています。

 

数万円台の小口の購入から可能で、
投資では無く貸付という安心感が投資家を伸ばしている理由です。

中小企業の経営者やベンチャーの経営者の方も、
銀行からの資金調達のように担保や連帯保証人も要求されず、
株式市場のように上場する必要も無く資金調達が行えるメリットがあります。

 

みんなのクレジットは、
資金を欲している中小企業の経営者と
貸付をしようと考えている投資家を結びつける金融商品です。

投資家も、自分で成長性の望める企業を選び、
金銭の貸付を行い高利回りを得ることが可能ですし、
貸付を受ける中小企業の経営者の方も円滑な資金調達をすることが可能になります。

このように双方にメリットのある資金調達方法なのです。

 

低利回りの金融商品が多い中、
ソーシャルレンディングは8%台という信じられないほどの高利回りを実現しています。

 

中小企業の経営者の方も、
銀行や株式市場より遥かに敷居の低い資金調達が可能になります。

起業ブームを背景に会社を設立する方は増えていますが、
設立間もないベンチャーは資金調達で悩むものです。

 

そんな将来性のあるベンチャーをサポートするのがソーシャルレンディングなのです。
出資では無く、貸付という新しい形の投資方法です。

『みんなのクレジット』 のオトクな情報を見てみる

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事