豈碑シ・し繧、繝郁ィ倅コ狗判蜒十2

「みんなのクレジット」は全案件担保付きで安全性が高い

みんなのクレジット」は、全案件担保が付いていますのでリスクは低いです。

 

企業に金銭を貸し付けるというと、
貸付を行った企業が倒産した場合に貸倒になる可能性があると考えがちです。

 

ソーシャルレンディングは確かに貸付型クラウドファンディングですから、
貸付を行った企業が倒産した場合には貸倒の可能性があります。

ですが、「みんなのクレジット」の場合には、単に貸し付けるのでは無く、
担保を要求していますので安心です。

 

貸付を行った企業が倒産した場合に備え、事前に不動産や動産、
債権や有価証券などの換金性のあるものを担保としています。

 

ソーシャルレンディングの仕組みは理解できていても、
貸付を行った企業が倒産した場合に、
貸倒になる可能性があるのではと疑問に思うのも普通です。

そういう不安を解消するために、「みんなのクレジット」では、
安全性を確保するために担保付きで企業に対しての融資を行っています。

 

最低投資額が10万円とはいえ、
投資した資金が倒産により貸倒になるのは耐えられるものではありません。

利回りが高くても元本は保証してもらいたいものです。
そのような倒産のリスクを回避するために、
ただ、中小企業に貸し付けるだけでは無く、
経営者の不動産や預貯金に抵当をつけたりして、
回収不能のリスクをなくしているのです。

 

あくまでも、投資家の安全を守るために、
企業倒産時のリスクヘッジはしてあるのです。

ソーシャルレンディングは誕生して10年も経っていないですが、
銀行の貸し渋りや上場審査基準が厳しくなったことを背景に、
急速に利用する中小企業は増えています。

 

ベンチャーキャピタルに形態は似ていますが、
未公開株で投資ファンドを作るベンチャーキャピタルは、
上場益の還元を前提にしていますので、リスクは高いものです。

その点、ソーシャルレンディングは、
事業資金を欲している中小企業の経営者に対しての金銭の貸付ですから、リスクは少ないのです。

 

貸し付けた企業が倒産しても、不動産や預貯金を抵当に入れていますので、
貸し付けた金額が回収不能になる恐れはありません

担保付きの債権ですので、安心して投資が行えます。
金利7%台で3ヶ月単位の貸付型債権ほど安定性のあるものはありません。

 

しかも貸付利息は毎月振り込まれます。
貸し付けた企業が倒産しても貸付金は回収され、毎月利息が入ってくる

ソーシャルレンディングこそ、理想の投資ファンドなのです。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事