family-591581_640

「お金を借りたい人」目線から考える、はじめてのソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングをはじめて利用する方は
どういうものか分からないものです。

 

お金を借りたい企業と投資家を結びつけるソーシャルレンディングで
資金調達を行う企業は増えています。

銀行の貸し渋りが横行し、上場審査基準も厳しくなっている現状では、
ソーシャルレンディングは有効な資金調達手段になってきています。

 

ソーシャルレンディングは、出来上がって10年も経っていないものですから、
はじめて利用しようと考えている方はどのようなものか分からないかと思います。

 

ソーシャルレンディングは、
お金を借りたい企業と将来有望な企業に貸付を行うことを考える投資家を
インターネットを通じて結びつけるものです。

銀行からの資金調達の場合は、担保や連帯保証人などが必要ですし、
審査にも時間がかかるものです。

 

立ち上げ間もないベンチャーや中小企業の場合には、
資金調達などを行う余裕も無いものです。

そういう場合に、有効な資金調達を行う手段として、
急速に注目を集めているのがソーシャルレンディングなのです。

 

お金を借りたい企業が、
自社のサービスや商材をインターネットを通じて
出資者を募るソーシャルレンディングを用いることにより、
ベンチャー企業や中小企業でも、
上場することなく投資家から資金調達を実施することが可能です。

 

ハンズオフ型のベンチャーキャピタルに似てはいますが、
ベンチャーキャピタルが投資事業組合を設立し未公開株を販売して、
投資を募るのに対して、ソーシャルレンディングは、
企業のビジネスモデルで投資家に資金の貸付を募るものです。

投資家の方も、出資では無く金銭消費貸借契約ですので、
安心して投資ができるというメリットもあります。

 

また、
お金を借りたい企業は、自社のビジネスモデルやサービスを世間に認知させていけば、
出資者も増えていき、結果的には企業規模が拡大していくというメリットがあるものです。

自社のサービスが拡大していき需要が伸びれば、
結果的には出資者も増え、資金が円滑に回るようになっていくといきます。

 

これは、インターネット時代に即した資金調達の方法として、
銀行の貸し渋りや上場審査基準が厳しくなっていることを背景に、
急速に需要は拡大していっています。

興味はあっても、はじめての方は理解できなく躊躇するかもしれませんが、
企業にも投資家にも理想的な投資法なのは間違いはありません。

 

特に、企業にとっては理想的な資金調達方法になっています。
資金繰りに悩んでいる経営者の方は検討してみるべきです。

Please follow and like us:


関連記事


ソーシャルレンディングRANKING 2016


おすすめ記事